観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

藁で納豆をつくりました。食べることって生きることだね。

IMG_473420130225.jpg
藁だけで納豆をつくる!

これ以前からやってみたくて(^^)
やってみたら、あまりの美味しさに感動でした。

以前も、市販の納豆を種にして手作りしたことはあったんだけどね。
今回は、藁だけで、作ってみました。

ううーーん、
「今まで食べてた市販の納豆って、いったいなんなんだろう!?」と
思ってしまうほどの美味しさ。

大豆はもちろん、我がおだやかファームで採れた、無農薬無施肥の津久井大豆。
大粒で甘味が強くて、ねっとりとしてて、ホントに美味しいのよ。

ところで、納豆、って。

実は精進料理なんですよ。

もともと、お寺の倉庫=「納所」で僧侶が作っていた、というところから、
「納豆」という名前になったんだとか。

でも、食としてのルーツは、おそらく弥生時代までさかのぼるらしい。

家の床に敷き詰められた藁にいる納豆菌が、たまたま煮大豆に作用して、
糸ひきの豆ができた、という説が、有力らしいです。

そう思うと、私たち日本人の、DNAレベル深いところに組み込まれている
であろうこの食べもの。

私たちの心身に、いいに決まってます。

もっともっと、本物の納豆を食べていきたいな、と思うのです。

いえね、手作りっていうのは、本当にひと手間、ふた手間です。
実際、1回作ってみて、これは日常的には作れないな、と思ったんだ。

でもこの美味しさ、この滋味あふれる味を食べたら、もう市販のものは買えない。

だから、私は手作りし続けますよ。(できるだけ・・・

食べることは生きることだから。

何をどう食べるかは、人生をどう生きるかに大きく影響するからね。

そうそう、さっきみたこの動画、参考までにどうぞ。
で、具体的には?というところまで話してないから、そこは探求だけど、

うんうん、食べ合わせって本当に大切なんだよなー、と腑に落ちたから。
そしてヨガの実践、本当に大切!


さぁ、今日もどう食べるか、どう生きるか。

You are what you eat.


Om Shanti.

スポンサーサイト

| 相模湖の暮らし | 08:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の 『涼亭』

IMG_0890.jpg
2013年春

2/23(土)10:00-12:30 →終了しました

3/23(土)10:00-12:30 →終了しました

4/27(土)10:00-12:30 →終了しました


IMG_1123.jpg IMG_1130.jpg

IMG_1384.jpg IMG_0906.jpg

まだ寒さが残る季節ですが、
確実に春の足音が聞こえてくる『涼亭』。

小さな花たちの芽生えが見えてくる時期です。

この頃、私たちの心身も、冬の寒さからの解放を求めます。
冬の凝縮した固いエネルギーを跳ね除けようとせず、まだあるままにして、
そこから新しい命が芽吹く力を見出していきましょう。


<ご案内>
■内容
 ☆クリパルヨガ 
  呼吸法、アーサナ、瞑想
   
 ☆シェアリング
  自分の体験を話し、聴く時間。
  これがないと終わらない、という方も


■定員 14名


■場所
 清澄庭園『涼亭』

  ※地下鉄大江戸線・半蔵門線「清澄白河」駅下車 
   アクセスはこちらをご覧ください。
  ※「涼亭」まで徒歩7-8分かかります。
  ※ 開場・受付開始は 9:30から。お時間に余裕をもってお越しください。


■参加費
 3,000円(別途入園料150円)
 レンタルマット 200円(要予約・予約の際お知らせください)
  ※当日会場にてお支払いただきます。

■持ち物
 ヨガマット、動きやすい服装、更衣室有
 ブランケット、ハンドタオル、水
  ※室内とはいえ、外との距離が近いため寒い場合があります。
   暖かくしてお越しください。
   重ね着、ソックスやレッグウォーマー持参、おすすめです。


■ご予約・お問い合わせ 
 「ご予約・お問い合わせフォーム」から、
 もしくは、yogakutir@live.jp へメールをお送りください。

  ご予約の際は、
  ・氏名、
  ・参加希望日、
  ・初回の方は、携帯番号とアドレス
   ※当日連絡がつくものをお知らせください。
  
 その後、予約確認メールを返信いたします。


■キャンセルについて 
 大変恐縮ですが、以下の通りキャンセル料が発生いたします。
 どうぞご了承ください。
 
 3日前まで  キャンセル料なし
 2日前~前日 参加費の80%
 当日     参加費の100%
 
 キャンセルの場合は必ずご連絡ください、よろしくお願いいたします。


*********************************


その他、ご不明な点はどんな些細なことでもかまいません、
遠慮なくお問い合わせくださいね。

はじめてのみなさん。

ヨガが初めてだけど大丈夫かな?とか、身体硬いしとか、男だしとか・・・

最初は不安を感じることが多いでしょうが、大丈夫です!
分かりやすく丁寧にお伝えしますので、どうぞ安心していらしてください。

皆さんに会えるのを、心から楽しみにしています。

Om Shanti.

| Yoga Kutir 『涼亭』 | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おだやか家味噌作り、こんな感じです。

IMG_480120130218.jpg
おだやか家のお味噌作り。
1回目の今日は麦味噌です。

みんなの手が合わさってるこの写真、いい感じだなー。

IMG_481620130218.jpg
今日は全部で15キロの味噌を仕込んでもらいました。
味噌玉たちも、ツヤツヤでかわいい。
さわり心地の良さに、みんな、顔ほころばしてたね。


みんながやってくる日の朝は5時にスタート。
二晩浸水させてた大豆を煮始めます。
IMG_479020130218.jpg

大豆の煮加減は、煮豆で食べてるよりちょっと柔らかめ。
”親指と小指で抵抗なくムニュっとつぶれるくらい”、と、
味噌作りの達人おかあちゃんから、教わったことがあります。

力が入りずらい指でもつぶれるくらい、柔らかめです。


IMG_479620130218.jpg
『おだやか家』に着いたみんなに、まず最初やってもらったのは、利き味噌!

いま、うちで常備、使用しているお味噌から8-10種類をピックアップ。

米味噌、麦味噌、豆味噌と、味比べ、感想、何を思うか、
ノートに書きだしてもらってから、発表です。

それぞれ、日頃食べ慣れてるものとそうでないものへの感じ方が
はっきりと表れて面白い。
あと、色によって抵抗を感じるものがあるみたい。

味噌の種類とその特徴、調理方法などをシェアしていきました。

で、Yちゃんが驚いてたのは、うちにどんだけ味噌があるの?ってこと。
私は、ずいぶん前から、このくらいの味噌は常備してます。

そして、みんなに伺うと、家の冷蔵庫には味噌は1つか2つ。

うーん、そうねぇ、味噌にもバリエーションがあったほうが、料理楽しいよ。
それに、味わい、旨味、コクが違うから、あう素材も違うしね。

ということで、

1つのひとは、2つに。
2つのひとは、3つに。

どうぞ増やしてみてくださいね、っていう提案。
味噌使い、料理の幅がぐんと広がります。

IMG_480020130218.jpg
そして大豆つぶし。

麹屋さんからお借りしたミンサー(大豆をつぶす電動マシン)があるにも
関わらず、みんな、せっせせっせと手でつぶしてます。

まず、マシンの音がイヤー、手でつぶしたい、ゆっくりおしゃべりしながら、
愛情込めてやりたい、とみんな意見はごもっとも。

マシンを用意した私も、みんながそう言ってくれて嬉しい。

粒が少し残る程度のお味噌は、手作り感があっていいものよね。

IMG_480920130218.jpg
こちらが塩切した麦麹。

みてみて、このツヤ!
麹一粒一粒に塩が絡みまとわりつき、キラキラしてくるのが目安。

いい感じです。

IMG_481320130218.jpg
ここまできたら、あとは大豆と塩切麹を
混ぜる、捏ねる、混ぜる、捏ねる。

IMG_482420130218.jpg
そして、投げる、つぶす、投げる、つぶす。

IMG_482620130218.jpg
あぁ美しい。

樽への投げ込みの終わり、これまたみんなで、
ペタペタと表面を平らにして、

おいしくなーれ
おいしくなーれ、

と呪文のように声をかけてたら、

Nちゃんが、

なんか下の方から、やるぞー、という菌たちの意気込みが
感じられた、と(笑)

いや、なんだかわかります、その感覚。

醸すよー、という声が聞こえてきそうです。

みんな、本当におつかれさまでしたー!

IMG_483020130218.jpg
最後は、朝からせっせと仕込んでくれた皆さんへの、
おだやか家のおもてなし。

きっと「和食だろうなー」と思ってたみんなに、軽くサプライズな
気持ちをこめて作ったお料理はこちら。

大豆コロッケ、大豆フムスのファラフェルサンド、
ピタパンも焼きましたよ。

そして、ブロッコリーとエリンギの味噌パスタ。
塩麹とオレガノ効かせた、和イタリアン、私の得意技です。

そしてスープは、玉ねぎをウォーターソテーで甘い出汁をとり、
エノキダケと人参の甘さをプラスし、甘酒と白味噌でコクを出したところへ、
タイムの香りでキュっとしめる。

ここに長芋のすり流しをいれて、豆乳で仕立てた雪見スープ。

和なんだけどイタリアンだったり中東だったり、
味噌や麹、そこにスパイスを使っていくのが、私、好きなんだ。

みんな、普段食べない味だったんじゃないかと思います。
美味しく感じてもらえたかなー!?


ということで、お味噌作りWS、楽しい時間を一緒に過ごせました。
第1回目の参加者の皆さん、本当にどうもありがとうございました!!

今回、参加してくれた4人が、来年、また誰かと一緒に仕込みをして、
それがまた誰かに繋がって・・・。

どんどん、どんどん、手前味噌の習慣、伝統が、広がって繋がって、
そうして、家庭の味が生まれ、作られ、継承されていく、

昔の当たり前が、また今の当たり前に戻ってくると、家庭の食が、
また豊かになっていくと思うのよね。

みそ、みそみそ、手前味噌、
うちの数だけ味噌の味♪



月末、もう1回麦味噌やりますよー。

そして3月は米味噌です。
3月14日(木)は、まだ空きがあります。
やってみたい、と思った方、ぜひご連絡くださいね。

Om Shanti.


| おだやか家 | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

味噌仕込み -相模湖ゴエモン-

IMG_475120130215.jpg
ちーむゴエモンの味噌作り、
早朝6時から、地元の方々の火起こしで始まる。

IMG_474520130215.jpg
大きな羽釜で大豆を20㎏、約3時間かけて煮る。

指で抵抗なくつぶれるまで、
じっくりじっくり、気長に煮るのが大切なポイント。

IMG_476220130215.jpg
このマシンも年代物、
これでつぶしてから、臼でつく。
ねっとりと、美味しそうな大豆ができあがる。

IMG_475620130215.jpg
ポーランドからのお客さまも交じって!
日本の伝統的な文化を体験してもらえてよかったね。

IMG_476620130215.jpg
そして塩きりした麹と混ぜる混ぜる、
こねる、こねる。

大人も子供も、手前菌をたっぷりと混ぜ込み味噌玉を作っていく。

IMG_476720130215.jpg
今年もまずは4キロ分、仕込完了。

Om Shanti.

| 相模湖の暮らし | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生まれてから今日で・・・

img_437360_9859422_1.jpg
私は今日、生まれてから15,000日目、のようです。

ってことは、今日私は、
15,000回目の朝を迎えたってことか。

そう・・・。


というのもこれは「惑星通信」というメルマガが教えてくれたこと。

15,000日か。

昨日、「育自の魔法」のアシスタントをやらせていただき、
実際にみんなと一緒に体験したんだけど、

自分の人生を振り返り、みんなにそれをシェアすることで見えてきた、
「私の人生」を改めて味わっているところでした。


そうか、15,000日の経験が、今の私の糧になっているんだ。

人生、山あり谷あり。
でも、その谷にすべての宝がある。

そう思えるようになってきたのは、
ヨガを続け、日々を丁寧に生きようと意図していること。

そして「育自の魔法」を通して、人生を俯瞰する機会を得たこと、
それを人に語り、聴いてもらい、認めてほめてもらったこと。

そんな経験、ひとつひとつが、今の私を作ってるんだな。


惑星通信、興味があったらメルマガ登録してみてください。

毎日、その日の惑星の状態が知らされます。
そして時々、パーソナルな記念日を教えてくれます。
これは、けっこう瞑想のテーマになりますよ。

HP:惑星通信メルマガページ


そして「育自の魔法」。
また改めてご案内するけど、とてもシンプルでパワフルな体験の場です。

春には主催しようと思っているので、
ん?と気になってる方、待っていてくださいね!


さぁ、15,000日目の今日、どんな経験ができるかなー。
記念すべき今日は、ヨガの大先輩、大~好きな人とランチです。

うれしい。行ってきます!

Om Shanti.

| 感じたままに | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終わりました。「新春奉納 1=ichi=un=市 @藤野 日連神社」

IMG_470320130212.jpg
旧暦正月を祝う「イチ」。

地元日連地区のお囃子保存会の方たちが お囃子と獅子舞を
披露してくださいました。

この笛の音を聞くと、奥底から沸き立つものを感じるのは、
私だけかしら!?ふふ、いいもんですねぇ。

また、ご一緒した皆さま、ありがとうございました、
そしてお疲れ様でした。

それぞれの美味しいお料理やお菓子、パン、お酒♪
合間、合間に楽しめましたー、どうもご馳走様でした!
(写真撮ればよかった―、とあとから後悔するんだよね・・・)

IMG_469220130212.jpg
私の方も、どうにかこうにか仕込みを終えて、
朝から、ドタバタで搬入となりました。

搬入してたら、大切なもの(お金!)を丸ごと忘れてきたことに気づき、
車でダッシュで家に戻ったり、もう、まったく、はぁぁぁ、って感じ!

でも、10時にはオープンできたような気がする。

IMG_469020130212.jpg
そして、今日のお客さま第一号は!

IMG_469520130212.jpg
いつもありがとう!ゆっきーファミリー☆

と・・・、

写真はここで終わり。

始まってしまうと、なかなか写真とるタイミングを逃すもんで。

でも、来てくれたみんな、本当にありがとう!
お土産と共に来てくれる方も多く、やっぱりたくさんのものを
受け取ることになりました。


今回、私の人生で2度目の「出店」。

何事も回を重ねていくことが上達に繋がると思うけど、
まだまだ至らない点が多くて、反省ばかりでした。

仕込みの段階から、手間ひまが相当かかり、
やっぱり、大量に作ることに慣れてないから加減が難しくって、
プロの料理人さんを、ただただ尊敬するばかり。

今回、コロッケを60個くらい作ったんだけど、それをやりながら、
下北にあるお気に入りのファラフェルやさん(&vege)を想い浮かべ、
彼女の苦労を勝手に想像しちゃいました。

また、カレーも25リットルくらい作ったんだけど、
足しげく通う、すべてのインドカレーやさんをリスペクトしました。

バスマティ+ターメリックライスの炊き加減が、私としては不足で、
次回はもっとパラリと仕上げたいな、と思ったかな。

そして何より、サーブするときの大失敗。
カレーを十分保温できてなかったかも・・・。
あとからその加減に気づき、少し冷めた感じのものを召し上がって
もらってたかも。

食べてくださったみなさん、そうだったらゴメンなさいねー!

あと、マイルドすぎて、男性には物足りなかったよう。
でも、授乳中、お子さん連れのママ、そしておおむね女性には喜んで
もらえたよう。

カレーってやっぱり少し辛くないとダメかねぇ・・・。

次回はそのあたりをブラッシュアップしようと思います。

あと、麹南蛮とフムスは、間違いなく美味しかったようで、
嬉しいことにあっという間に完売でした。

皆さんの食卓に並んだことを想うと、とても嬉しいです。


さて、最後、今つくづく思っていることは、

私は、食を通して、この「おだやか家」を通して、
何をシェアしたいんだろう?

ということ。


心身にも、また地球環境にも優しい菜食を薦めたいのか?

手間ひまかけることで、食=命、を見直す意識をシェアしたいのか?

You are what you eat.
食があなたを育んでいる、というフィーリングを知ってもらいたいのか?

家庭の中に、温かい食事があることの重要性なのか?

そしてひとりひとりが、心おだやかに生きていける土台を作りたいのか?

ある意味、これすべてなんだけど・・・。

私は、かたっ苦しくない程度に、そういうコンセプトをもっとはっきり
させたいな、って、今、すごく思ってます。

なんだかね、目の前のことを進めていくことに精いっぱいで、
私がいちばん大切にしたいことや、先のヴィジョンみたいなものが、
最近、曖昧なんです。

そんなことを感じながら、もう私の頭は、明日のヨガクラスと
週末の味噌作りへ移行中。

そうやって、日々を突き進んでる感じです。

IMG_470120130212.jpg
ふふ、朝いちのちょっと硬い私たち。
おだやかファームのカズと
おだやか家の女将、はるーたです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

はる

Om Shanti.

| おだやか家 | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅の花、みっけ。

IMG_471620130211.jpg
駅からの帰り道。
今日はいつもと違う道を選んでみた。

そこには、中央本線の線路を跨ぐ大きな古ぼけた歩道橋があって、
「あそこって通れるのかな?」と疑問に思ってた。

歩道橋の上に立ったとき、目の前に広がる山と空が、
いつもよりもずっとダイナミックに見えて、
あぁ、こっち来てよかったー、と思った。

でも、その歩道橋を降りたら、そこには民家が数軒。
私はさらにその上の坂道に出たかったんだ。

右に進むと畑で行き止まり。

反対に行っても行き止まり。

やっぱり道がなくて。

ううう、来なきゃよかった、やっぱり戻ろうかな、と
思ったとき、目に前に細ーい道が。

道っていうより、踏みしめられた草が道を作ってくれてて、
そこをヨイショヨイショと登って行ったら、
出たかった坂道にたどり着いた。

あぁ、よかったー、とひと息ついて上を見上げたら、
この梅の花が、私を待っててくれたんだ。

あーん、こっちに来てよかった―、って思う私。

まったく、些細なことで心がぶれる私は、
よかったー、悪かった、あぁよかったー、と忙しもんねぇ、
なんて苦笑しながら、おうちにたどり着いた。

こんな寄り道でわくわくしてる私。

本当の心は、家でまってる大量の片付け物から、
軽く逃避してるんだよね。

家に着きたくないよー、って感じなのだ。

昨日のイチの出店から家に戻った15時ごろ。
お風呂に入って、ワインで乾杯して、もうヘトヘトで、
すぐに布団にもぐりこむ。

そのまま気づくと朝の6時!
おぅ、久しぶりにやった15時間睡眠。

そのまま今日は関内で『育自の魔法』があってお出かけ。
充実の3連休が、こうして終わろうとしてます。

あぁ、このblogを書いてること自体、また逃避中(^^;)

さてと、重い腰をあげて、片付けしよう、
もうね、本当にすごいことになってるんだよ、部屋の中・・・。

Om Shanti.

| 感じたままに | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチ、こんなもの出します!

IMG_467920130209.jpg
明日の「 1 ichi=un=市」。
幸いお天気は大丈夫そう。
でも、気温は低めじゃないかな、温かくしてきてくださいね。

今日は朝から仕込みの大詰め。

まずは朝からカレーづくり。
一晩寝かせた味を楽しんでもらいたくて、
もう完成させちゃいました。

私のカレーは、か・な・りオリジナルです。
参考にしたレシピなんてものもなく、

インドカレーのようで、
タイカレーのようで、
でいて、和の風味が奥からふわーん、と。

まぁ私の好きなものを全部入れたらこうなった、的な
「おだやカレー」(とカズは呼ぶ)です。

今回は、江間さんち農園の里芋ゴロゴロな、冬ベジカレー。

そして、このカレーにトッピングできる、ベジコロッケも。
これに、最近はまりのキッコーゴウスターソースをかけて。
IMG_465020130209.jpg
カレーにソースかけると、一気に庶民な感じ、
なんだけど、キッコーゴのソースは美味しいから、
いいところに保ってくれます。

それと、麹南蛮を少し多めに仕込みました。
これはもう、本当におすすめの一品。味わってもらいたい。
IMG_468520130209.jpg

そして、今回初の、おだやか大豆で作ったフムス。
とてもマイルドに仕上げてあるので、
好みでオリーブオイルやブラックペッパー、パクチーなど、
足してみてもいいと思います。
数はやっぱり16パック限定になります。お早目にどうぞ!
IMG_468420130209.jpg

さぁ、あと・・・。
実はパウンドケーキを焼こうと思っていたのですが、

アマゾンで頼んだ材料が、

まだ、届かない・・・(泣)

ゆうパックさん、今日届くって書いてあったのにー。

今、17時。
うーん、もう少し待ってみようかなー。


あと、さっき明日の出店リストがWEBにアップされてました。
なんかすごいたくさん出るみたいですよー。

出店者リスト
★su・mart パン
★ベトナム屋台 pe☆pe
★スロウ パンのカレーパン
★パエリャ職人の店 ホセ
★おだやか家 ベジカレー
★シゲホニャラカ 静岡おでん
★竹炭焙煎コーヒー 美園珈琲
★アイミー 和菓子
★藤さんの手作り洋菓子
★煙の魔法 燻製酒場
★宮酒ワインバー
★自然食品店しみづセレクトの自然酒★日連野菜
★江間さんち農園の農産物 手作り田楽
★須藤農園 農産物
★野上さんの手編み靴下と古道具
★studio 再生流(古道具)
★骨董 ゆめや

※お囃子11時半~30分間

詳細はこちらのページから確認してくださいね。


ではでは、明日、皆さんのお越しを、
心からお待ちしてまーす!

イチで会いましょう❤

『おだやか家』女将 はるーた

Om Shanti.

| おだやか家 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米麹づくり 24時間後

IMG_468020130209.jpg
仕込んでから24時間。

きれいな真っ白い麹の花がさいてます。
そして、甘酒のようないい香り。

触るとぽっかぽか。

ここからあと一晩。

これ以上温度が上がると、今度は納豆菌たちが元気になるので、
臭いが出てくる危険性が。

なので、湯たんぽを取り出して麹じたいの熱で保温します。

Om Shanti.

| 相模湖の暮らし | 16:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米麹づくり-相模湖ゴエモン-

IMG_466420130208.jpg
今日は米麹を仕込んできました。

私が住む相模湖には、トランジションタウンの活動として、
ちーむゴエモン」というワークグループがあります。

この地に長く住む地元の皆さん、農家さんの助けを借りながら、
主に移住してきたメンバーが集まり、伝統食を手作りしたり、
田畑で稲作や野菜作りをしたり。

石油依存、電力依存の暮らしから自立して生活していけるよう、
みんなで知恵を絞り、実際にやってみて、その中で、
どれだけ楽しく、力を合わせて、豊かに暮らしていけるか、

そんなことがテーマになっている活動です。

1、2月、冬は畑の農閑期。
そんなときは、保存食を作ったり、こうして、麹や味噌、醤油を
仕込むのが日本の伝統的な暮らしの姿。

ということで、今日は、私も初体験、麹作りでした。

IMG_465220130208.jpg
米2キロ。
研いでから一晩浸水させて、よく水切りしたものを、
それぞれ持ってきて、みんなで一斉に蒸す。

このとき、米の水切りをしっかりやることがポイント。
そのほうが、蒸し上がりの米がパラパラになって、
麹菌が付着しやすく、いい麹の花がさくそうです。

IMG_465820130208.jpg
蒸しあがった米を飯台にあけて、35℃程度まで冷ます。

IMG_465420130208.jpg
今回、準備してくれてた種麹は、こちら。

 種麹【長白菌】 -京都「菱六」特製種麹

これをお米にまぶして、手で揉むように米粒に付着させます。

IMG_466220130208.jpg
みんなで飯台を囲み、わいわいおしゃべりしながらやる作業が、
なにより楽しいのよね。

私も、こういうこと好きだけど、ひとりじゃなかなかできない。
仲間がいるって、有難いなー、と想う。

IMG_466420130208.jpg
十分馴染んだら、お団子にして米袋に投入。

これを、湯たんぽと一緒に発泡スチロールの箱に入れて、
35℃をキープして24時間。

明日の昼には、一度中身をチェックします。

白く麹の花が咲いていたら成功。
そこから、あと24時間ほどおいたら、麹の完成。

いやー、麹も手作りできちゃったー、嬉しいなぁ。

この麹は、2月の『おだやか家』お味噌作りワークショップの、
おもてなし料理で使う、塩麹、醤油麹、甘酒、にしようかな。

来週もゴエモンのお味噌作り。
そして少し先だけど、5月には醤油の仕込みが始まります。

興味がある方、一緒にやってみませんかー?
気軽に連絡くださいね。

相模湖に住んでなくても参加できますよ。

今日も、こういう活動に興味がある、地元で始めたい、
と、千葉から見学に来てた方もいたし、
私の友達も、八王子から参加してくれました。


仕込みが終わったら、みんなで一品持ち寄りのランチ会。
このレベルの高さ!!!
IMG_466720130208.jpg IMG_466620130208.jpg

美味しさはもちろん、その手作り率の高さに感動する。

手作り味噌がずらりと並び、手作りこんにゃく、手作りたくあん、
天然酵母のパンも、ジャムも、もちろん手作り。

っていうか、手作り以外のものは、まったくなし、って感じ。

そうそう、お米も自分たちで育てた古代米(赤米)でしょう。
雑穀スープの雑穀もそうかな。

野菜たちも、畑で採れたものがたくさん並ぶ。


みんな、丁寧に生きてるな、と想う。
食べるものを作る。

自分で作ったもので、自分を育む。

これ、命の基本だからね。

それをしているここにいる女性たちの、イキイキとした明るさや、
生きることへの強さが、今の私には、とても心地がいい。

相模湖に越してきてよかったなー、と思う瞬間、かな。

夜中の1時、箱の中の温度が下がったので湯たんぽ作り直し。
手間ひまかかるけどね、こういう作業、楽しいのよ。

また明日、麹の出来上がりレポートします。

Om Shanti.

| 相模湖の暮らし | 01:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

下北沢スタジオ 2周年記念イベント

2nd anniversary
※画像はスタジオHPより

2nd anniversary
↑クリックすると拡大します。

下北沢スタジオ 2周年記念イベント

下北沢に移転オープンしてから、2年がたちます!

3月10日(日)9:00~18:30まで、
すべてのクラスに、無料で、自由に参加していただける、
オープンイベント、開催します!!!

日頃スタジオに通ってくださる皆さんへ、
またこの日を機会に、出会う皆さんへ、
大きな感謝の気持ちを込めて❤


<プログラム>

9:00- 9:45 太陽礼拝  はる
10:00-10:45 おやこヨガ のぶ

11:00-11:45 クリパルモデレート ゆきこ、まっきー

13:00-13:45 クリパルヴィゴラス ゆか
14:00-14:45 クリパルジェントル ゆみ、ちえこ

15:00-15:45 月礼拝 まきこ

16:00-16:45 ふたりヨガ トシ&まきこ、のぶ&ふみ

17:30-18:30 ポットラックパーティ


と!盛りだくさーんです。

詳細は、スタジオHPの案内を見てくださいね。

皆さんのお越しを心からお待ちしてます。

Om Shanti.

| ワークショップ | 01:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

特別クラス『はじめてのヨガ』

img126193021_1.jpg
※画像はYoga of Life HPより

Yoga of Life で定期的に開催されている『はじめてのヨガ』、
次回は、2月16日(土)16:00-17:20 に担当させていただきます。


このクラスは、ヨガを初めて半年以内の方々を対象にしたもの。

なので、参加される皆さんは、みーんなヨガ・ビギナーズ!
それはそれはフレッシュなんです

そんな皆さんと触れ合えるのは、私にとっては大きな喜び。
とても好きなクラスです。

去年から、もう4-5回やらせていただいているけど、
その冒頭で必ずお話しするのが、私の「初ヨガ物語」。

そう、誰にでも「初ヨガ記念日」っていうのがあって、
印象に残ってるか、忘れちゃってるかは人それぞれだけど、

ヨガとの出会いのその日から今日まで、ずっと続いている
プロセスがヨガそのものだと思うから。

私としては、あの日はとても大切な日として、
記憶に残ってるんです。


皆さん、ヨガを始めるにあたっての不安や心配もあるし、
だいたい、スタジオに足を運ぶということ自体、
けっこうなハードルだったりするし。

でもヨガに興味をもったからには、また「今ヨガを始めたい」
と思ってアクションに移したからには、

それなりの理由が、それぞれにあるんだよね。

私は、その”それぞれのスタートライン”をすごく大切にしたい。

そう思ってこのクラスをデザインしてます。

いま、自分がいる場所から、一歩ずつ進んでいけそうだ、と、
また、そこでヨガをしてていいんだ、というフィーリングを、
体験し味わい、

「これなら続けられそう!」「なんだか楽しそう!」

そう感じてもらいたいな、と心から想ってます。


今月は、土曜日の夕方。

皆さん都合つきやすい時間なのかな?
ちょっと微妙な時間帯ではありますが・・・。

ぜひこの日を、初ヨガ記念日にしてみませんかー?

もちろん、すでにヨガ始めてる方もぜひいらしてください。

基本的なポーズや呼吸法などを、分かりやすく丁寧に紹介していきます。
それも理論ではなく、体験とともに学びを深めていくのがクリパル流。

力を抜いて、ヨガへの気負いがなくなればいいな、と思ってます。


【主な内容】
・ヨガとは?
・ポーズとは?
・ポーズを取るコツと注意点
・ヨガによって得られる効果
・クリパルヨガのポーズに対するとらえ方
・Q&A

詳細、他の日程・講師については、
スタジオのHP からご覧くださいね。

ちなみに、私は、
3月26日(火)16:00-17:20 も担当します。

Om Shanti.

| ワークショップ | 01:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『禅呼吸』

IMG_460920130202.jpg
まり先生のパーティでお目にかかった椎名由紀さん、

なんと、白隠さんが禅病を癒したといわれる呼吸法を、
そのまま実践し現代に提唱しているそうです。

この雑誌に、4ページほど特集が組まれてましたよ。
まだ店頭にあるのかな?

由紀さんのサイトはこちら。
『禅呼吸』

白隠さんの展覧会に行ったばかりの私としては、
なんとタイムリーな。

そしてもちろん、ヨガといえば呼吸。

呼吸の質は、命の質とまったくイコールだと思ってるから、
本当に大切にしたいテーマよね。

最近、ちょっと呼吸の浅い、私。
 え?私がそんなこといっていいのか?

うん、だって仕方ないよ、そんなこともある。
そんなときって、決まって暮らしの中で、
イラっとすることが増えてるんだなー。

由紀さんのメソッド、今度、ぜひ教えてもらおうと思います。
興味のある方はサイトや本など、見てみてくださいね。

Om Shanti.

| おすすめ | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『旬の禅ごはん』出版記念パーティ

IMG_462920130202.jpg
私の精進料理の師匠、藤井まり先生の『旬の禅ごはん』、
出版記念パーティにお邪魔してきました。

IMG_461120130202.jpg IMG_462420130202.jpg

IMG_462220130202.jpg IMG_462320130202.jpg

この素敵なお料理は、こまき先生(まり先生のお嬢さん)と、
高山晴代さん(自然派アーティストとして活躍されている)を中心に、
スタッフもみんなも手伝いながら、手際よく並んでいきました。

もっともっと、たーくさんあったんだけどねー。

そのどれもが、精進料理で大切にしている「淡味」があり、
素材の味わいが引き出された、素敵なお料理でした。


鎌倉、稲村ケ崎、精進料理のお教室「不識庵」

まり先生は、故藤井宗哲和尚と共にここを開かれて、
今年で30年になるそうです。

この場所に行くと、私にはいつもミラクルが起き(!)、
出逢うべき人と繋げていただいたり、必要なものをいただけたり、

私にとって、とても大切な場所。

でも、相模湖に越してからなかなか行けてなくて・・・。

そんな中、「不識庵」で知り合った友人Tちゃんからパーティの
話を聞き、私も行くー!と喜んでお邪魔してきました。

IMG_460820132020.jpg
今日は受付のお仕事をやらせていただくことに。
まり先生のお孫さんたちもたくさんお手伝いしてくれました。

まり先生の柔らかい人柄を映し出すような、とても和やかで、
居心地のいいパーティ。

またこれまでの功績を裏づけするような、各界の著名な方も、
大勢いらしてて、皆さんのお話を聴くだけでも有難かったです。

そして、深く感じたのが、お年を召した方々のイキイキさ!
やっぱり、食事に意識してる方は本当にお元気です。

そして、この日も「食と美容と健康」というテーマが上っていたことに、
私としては、先日の取材の件がシンクロし、やっぱりそうよねー、と、
確信を強めた感じ!

また、お互いのこれからに関わっていけそうな方と知り合うこともできて、
有難く楽しい時間でした。

まり先生、本当にありがとうございました。
そして、改めて出版おめでとうございます!

「禅ごはん」のレシピを、日々の食卓に並べていきます。
で、「不識庵」へ、また通い始めたいなー、と強く思った日でした。

気軽に精進料理を始めてみたい方、本当おすすめですよ☆


Om Shanti.

| 精進料理 | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。