観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【目次】

ut01.jpg

中目黒にある隠れ家ヨガスタジオ
Under the Tree nakameguro にて


■月曜レギュラークラス 

1、クラス内容

2、スケジュール

3、料金、回数券

4、アクセス

5、お問い合わせ・ご予約



****************

IMG_507920141028.jpg

中目黒「菅刈公園」
日本庭園を眺める清々しい空間「和館」にて


■週末スペシャルクラス&ワークショップ

1、クラス内容

2、スケジュール

3、料金

4、アクセス



*********************

■お問い合わせ・ご予約は、

 yogakutir@live.jp までご連絡ください。

スポンサーサイト

| 観音ヨガ | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

料金・回数券@UT

11037457_1553362338255411_813426304176181167_n.jpg

Under the Tree nakameguro
スタジオHPはこちら

レンタルマット、いつでも無料。
動きやすい楽な服だけもっていらしてください!



<料金・回数券>

以下の回数券は、Under the Tree nakameguro で開講されている
すべてのヨガクラス、共通のものです。
スタジオのスケジュールはこちら


■まずは一度、試しにクラスを受けてみたい、という方

トライアルチケット  2,000円
※お一人様1回に限らせていただきます。


■思い立ったときにクラスに参加したい、という方のために

ドロップイン(単発参加、1回チケット) 3,000円


■定期的にクラスに参加したい、という方のためのお得な回数券

4回チケット ※有効期限3ヵ月  10,000円

10回チケット ※有効期限3ヵ月  22,000円


■マットレンタル  いつでも無料!


<お持ち物>

・ヨガマット
無料でお使いいただけるレンタルマットもありますが、
やはりマイマットは愛着もあり使いやすいものですね。
ご自分のマットがよければ、どうぞお持ちください。

・動きやすい楽な服
締め付けない楽な服、ご自分が心地いいと感じるもの。

・足元は裸足で行いますが、冷えが気になる方はソックス着用ください。
調整しやすいレッグウォーマーはおすすめです。

・水
水分補給はご自由になさってください。

・ハンドタオル
汗を拭くのはもちろん、休息の際、アイピローがわりに使用します。


★その他、不明な点がありましたら遠慮なくお問い合わせください。


「目次」へもどる

「クラス内容」へ

「スケジュール」へ

「アクセス」へ

「お問い合わせ・ご予約」へ



| 観音ヨガ | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お問い合わせ・ご予約

11037457_1553362338255411_813426304176181167_n.jpg

<お問い合わせ・ご予約>

yogakutir@live.jp

までお気軽にご連絡ください。

ご予約の際は、
お名前と当日の連絡先(携帯番号など)をお知らせください。

【お知らせ】
クラスは予約制

でも、当日予約なしの参加も可能です。

ただ、ご予約優先になりますので、定員となっていた場合、
ご参加いただけない場合がございます。

その点、どうぞご了承ください。




「目次」にもどる

「クラス内容」へ

「スケジュール」へ

「料金・回数券」へ

「アクセス」へ


| 観音ヨガ | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クラス内容@UT

ut01.jpg

中目黒、大通りから一本路地を入ったところに、

隠れ家のような、
大人の秘密基地のような、

ちょっとわくわくするヨガスタジオがあります。

木漏れ日が差し込む空間で。

11713574_905202006205357_2105808457_n.jpg

夜は幻想的なキャンドルをたいてもまた良し♡


忙しい日常からふと離れ、

自分だけの時間を過ごす贅沢。

自分自身を、自ら癒す大切な時間。

そこにある呼吸と体をぴたりかみ合わせたとき、
私たちは、心と繋がることが出来ます。


心、

とは、

自分自身。

そこで見えてくる自分自身を、
慈しみ深く見守る内なる観音。

誰の中にもすでにある資質。

それを見出し磨いていきます。

それが観音ヨガ。

ぜひご一緒しましょう。

e1-k063z.jpg
「観音ヨガ」をもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください


********************

月曜レギュラークラス@Under the Tree nakameguro



<昼クラス 14:00~16:00>
 
(ヨガ90分 + 分かち合い&ティータイム 30分)

■観音ヨガ ~よろこび~

このクラスでは、”よろこび”をキーワードに、
観音ヨガの基礎を学び体験し、ヨガの楽しさを知っていきます。

命の源である呼吸、
生涯のパートナーであるこの体、
そして胸の奥にあった自分の本音との出会い。

毎日の暮らしで、
あまり意識を向けてこなかったところへ注意をむけたとき、

あ、呼吸が深まってる、というよろこびに出会い、

あ、体が伸びた、気持ちがいい、というよろこびに出会い、

あ、なんだか心が楽になった、というよろこびに出会います。

そのすべてを見守る内なる観音を見出していきましょう。

*******************


<夜クラス 19:30~21:30> 
(ヨガ90分 + 分かち合い&ティータイム 30分)

■観音ヨガ ~くつろぎ~

このクラスでは、”くつろぎ”をキーワードに、
観音ヨガの基礎を学び体験し、ヨガの楽しさを知っていきます。

今そこに流れる呼吸の様子をよく観ていきます。
凝り固まってしまった首、肩、腰・・・、どんな感じでしょう。
緊張をほぐすことを忘れた心・・・・、よく頑張ってくれています。

この空間にきたら、
まずは大きく深呼吸です。

はぁぁっぁ~、
と息を吐くことから始めましょう!

日頃の疲れをほぐし、
心身をゆるりとくつろがせ、
そして、新鮮な氣で自分を満たし、

元氣になって帰っていきましょう。

内なる観音は、私たち自身がもっと自分らしく、
そしてもっと幸せでいい、と言ってくれています。

ヨガのあとは、
きっとよく眠れますよ。


*******************


<観音ヨガはこんな方におすすめです>

★ ヨガ初心者の方

★ 体が硬い、運動神経がない、という理由で
ヨガを始めることを躊躇していた方

★ ヨガの経験はあるけどキツクて続かなかった方

★ 久しぶりにヨガがしたい、と思われてる方 

★ 観音ヨガに興味がある方


★ 日頃運動不足を感じている方

★ 体が重い、肩腰の痛みなどが気になる方

★ 目の疲れからくる頭痛などに悩まれている方

★ 呼吸が浅いな、と感じている方

★ 生理前の不調(PMS)が気になる方

★ 過食気味な方(摂食障害をお持ちの方)

★ 大きなスタジオは気が引けて、という方

★ 女性ばかりで恥ずかしいんだよ、と感じている男性の皆さま

★ 毎日をもっと健やかに過ごしたい方

★ そしてもっと幸せになりたいと思うすべての方

★ 観音様とのご縁を感じる方

★ などなど、ヨガをはじめる動機はひとそれぞれ、
どなたも気軽にお越しください。


*******************


<当日の流れ>

1、お着替え

それぞれ、動きやすい服をお持ちください。
伸縮性のある素材、軽くて、ご自分が心地よいと感じるものがいいです。

足元は裸足で行いますが、
冷えを感じる方はソックスを履いていても構いません。

調整が簡単なレッグウォーマーがおすすめです。

お水とハンドタオルをお持ちになって、スタジオへ移動しましょう。


2、クラス開始

時間になったらスタートいたします。
まずは、チェックイン。
それぞれ自分の今の状態を確認します。


3、呼吸法

シンプルな呼吸法から始めます。

日頃、無意識で流している呼吸の状態に気づき、
そこをスタートラインにしながら少しずつ深めていきます。

そして、観音呼吸法(※)を使いながら、
心と体と空間を調和させヨガのポーズへと入っていきます。

※観音呼吸法はクラスの中で丁寧にお伝えします。


4、ウォームアップ

まずは体をほぐし温めるところから。

体に無理させることなく、丁寧にほぐし緩め、
そこから伸ばし開いていくように。

自分のペースを大切にしながら進んでいきます。
同時に、心を今ここに落ち着かせ集中していきます。


5、 ヨガのポーズ(型)へ

観音ヨガではポーズを型と呼び、
その型を整えることで心身の調和をはかります。

ひとつの型を丁寧に練習する日もあれば、
いくつかの型を連続で流していく日もあります。

その日のテーマにそって行います。

いずれにせよ、自分の心身の状態を知るための型。
型の完成を目的にせず、自分自身と近しくなるために行います。


6、休息:シャバアーサナ

最後は体を床にあずけ、仰向けで十分な休息を取ります。

型を取り、深い呼吸を流したことで生まれたダイナミックな氣の動きを、
そっと静める(=鎮める、沈める)時間です。

深い統合の時間、ヨガの醍醐味と言っても過言ではありません。
いちばん大切な時間、丁寧に過ごしていきます。


7、終わり、そして分かち合い

休息から覚めたら、自分の中で今日の練習を振り返ります。
そして、それを仲間と分かち合う時間を設けます。

特別なことを言う必要はなく、
ヨガを行っているときに感じたことをありのまま、
言葉に落とす時間です。

他の人の体験を聴くことが、また深い学びに繋がります。


8、ティータイム

ヨガの後、30分ほどスタジオを解放しておきます。
お時間許す限り、分かち合いの時間を楽しんでいってください。

お急ぎの方は、もちろんご自分のタイミングでお帰り下さい。


9、次回の予約も承っております。
また来週! 
またいらしてくださいね♡


と、約2時間、こんな流れになります。

*******************


毎日の暮らしに観音ヨガを取り入ることで、
あなたの暮らしはきっと変化します。

体健やかに、心穏やかに、毎日を心地よく自由に、

そしてなにより、自分らしく生きていけるように。

ご縁ある皆さまと、
ここで会えることを心から楽しみにしております。

観音ヨガ主宰
はる




「目次」にもどる

「スケジュール」へ

「料金・回数券」へ

「アクセス」へ

「お問い合わせ・ご予約」へ


| 観音ヨガ | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクセス

11694356_905201999538691_1922442156_n.jpg

Under the Tree nakameguro
スタジオHPはこちら

【住所】
東京都目黒区東山 1-9-14-202
090-9651-3420

【最寄駅】
東横線、日比谷線
中目黒駅から徒歩7分

田園都市線
池尻大橋から徒歩10分

井の頭線
神泉駅から徒歩16分


【Map】
スタジオHP内Map


【中目黒駅からの道順】
東急東横線 中目黒駅より池尻大橋方面に8分ほど歩き
「青葉台一丁目」交差点を左折。(ファミリーマートが目印です)

すぐ一本目の路地を左折すると2軒目の灰色の建物。

見た目は3階建てアパートに見えます。
2階の奥の扉です。


【E-mail】
utnakameguro@gmail.com




「目次」へ

「クラス内容」へ

「スケジュール」へ

「料金・回数券」へ

「お問い合わせ・ご予約」へ

| 観音ヨガ | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スケジュール@UT

11717165_905202002872024_1681930066_n.jpg

月曜レギュラークラス@Under the Tree nakameguro


<昼クラス 14:00~16:00>
(ヨガ90分 + シェアリング&ティータイム 30分)

■観音ヨガ ~よろこび~


9月 7日、14日、28日

10月 5日、19日、26日

11月 2日、9日、16日、

12月 7日、14日、21日




<夜クラス 19:30~21:30>
(ヨガ90分 + シェアリング&ティータイム 30分)

■観音ヨガ ~くつろぎ~


9月 7日、14日、28日

10月 5日、19日、26日

11月 2日、9日、16日、

12月 7日、14日、21日




「目次」にもどる

「内容」へ

「料金・回数券」へ

「アクセス」へ

「お問い合わせ・ご予約」へ

| 観音ヨガ | 14:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【目次】

kasyoku.jpg

分かち合いの会
私が過食嘔吐をやめられたわけ

1、内容

2、開催日程

3、参加者の皆さんの声

4、個人コンサルティング


| 過食嘔吐をやめられたわけ | 09:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【開催日程】

■日程

8月23日(日) 11:30~14:30 

9月25日(金) 11:30~14:30 




※その他の日程をご希望の方は遠慮なくご相談ください。

個人コンサルティングをご希望の方はこちらへ


■場所 都内港区のカフェにて

※詳細は予約者の皆さんにのみお知らせいたします。
※お申込み人数によって急遽変更にある場合もございます、予めご了承ください。


■定員 各4名


■参加費 幸せ価格の4,800縁♡ 
+各自のランチ代(1,500円~)


■過食、過食嘔吐、PMS(月経前症候群)でお悩みの方が対象です。
※現時点では、拒食症の方はご遠慮ください。それは、私自身極端な拒食の経験がないためです。なお拒食と過食、過食嘔吐を繰り返している方は対象とさせていただきます。どうぞご理解ください。


■お問い合わせ&お申込み

参加希望の方は、yogakutir@live.jp 宛

1、氏名
2、当日連絡先(携帯番号)
3、参加希望日
4、過食嘔吐歴など、私に事前に伝えておきたいと感じることなどご自由に。

を明記のうえ、メールをください。
開催前日の20:00までご予約承ります。

その他、

他の日程をご希望の方、
個人カウンセリングをご希望の方、

お気軽にお問い合わせください。


<重要>

最後に、

・ご参加の皆さんを特定できるようなことはいたしません。皆さんの同意なしに写真も撮りません。

・この会は過食嘔吐の完治をめざし治療するものではありません。あくまでも私自身の経験を分かち合う場であり、皆さんそれぞれの心境を分かち合う場です。

・それぞれのプライバシーを大切にいたします、各自守秘義務をお守りください。

・心から過食嘔吐をやめたい、そして前向きにそこに関われる方のご参加をお待ちしております。


お日様を浴びながら、秘め事だった過食嘔吐を明るみに出しましょう。

だって全然隠す必要のないことですから!
私は本当にそう思っています。

皆さんに会えるのを楽しみにしております。

はる


「目次」にもどる

「内容」にもどる

「参加者の皆さんの声」はこちら

| 過食嘔吐をやめられたわけ | 08:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【内容】

ー庭園を眺めるステキなカフェでランチしながら、過食嘔吐についてオープンに語り合いましょう♡ー

~私、はるのストーリー~

15歳のころ、父からの暴力、学校での先輩からのいじめ、性的暴行、ダイエットなどがきっかけで過食嘔吐をはじめました。

改善と悪化を繰り返しながらも、それはなんと20年以上も続きました。

つまり、

私の人生前半は、誰にも明かすことなく、隠れて過食嘔吐を繰り返すことにかなりの時間とお金を費やし、心と体を消耗させることになったんです。

30歳を越えたあたりから、心と体の分離感がハンパなくなり精神的なバランスを保つのが難しくなりました。

そのころ離婚しました。

ひとりになったことでアルコール依存がますます悪化、過
食嘔吐や不定愁訴のピークを体験していたころ、今のパートナーと出会ったんです。

そこから、これまで経験したことのない、自分と向き合うという時間がはじまります。

ヨガや瞑想を通して、奥底に重く沈殿していた私自身との出会い。

衝撃的な記憶との再会、自分を知るというプロセスで得た気づきの数々。

好転反応のような激しい揺り戻しで、それはそれはカオス!パートナーとの暮らしは修羅場のような日もたくさんありましたσ(^_^;)

ヨガとマクロビオティックとの出会い。

過去の中でしか生きてなかった私。

トラウマを追体験しながらフラッシュバックに苦しみどうしていいかわからなかった日々。

呼吸と繋がり今という時間を体験したこと、
その時間を知ったこと、

緊張だらけの自分を知り、力を抜くことを覚え、自分らしさを取り戻し自然体で過ごす。

そんなことを意識しながら毎日を丁寧に過ごしはじめた結果、7〜8年かかりながらも、過食嘔吐の習慣はなくなりました。

~今、過食嘔吐の真っ只中の皆さんへ~

自分の経験から私はわかります。

過食嘔吐は誰にも明かせない。
罪悪感の塊。
自分は汚らしく恥ずかしい存在、自分を愛するなんて無理、最低の私。

そんなふうに感じながら、毎日毎日過食嘔吐を繰り返して
るあなた。

過食嘔吐はたんなる症状です。
風邪引いて熱が出た、と同じこと。

誰にも責められることじゃないです。

だから熱を解熱剤でさっと下げようとせず、つまり、過食嘔吐を治そうとせず、

その根っこの原因、風邪をひいたこと、免疫力がさがったことに対応してあげたほうがいいのです。

過食嘔吐歴25年、そしてそれを完全に克服して自分らしく生きることができるようになった私から、

今、まさに過食嘔吐の波にのまれ、でも本気でそこから脱したいと感じてるかたへ、

お話できることがあると思っています。

また私は激しいPMS(月経前症候群)に苦しんでいました。
生理前、過食嘔吐は悪化する傾向にありました。

私として、PMSの改善と過食嘔吐の克服は、同じライン上にあるもの。生理前の不調に悩む方も同じく私からお話できることがあると思っています。

勇気をもって、本気で過食嘔吐をやめたいと感じている方、集いましょう。

あなたはひとりじゃないです。

私はあなたの中にある光を信じています。

はる


「目次」へもどる

「開催日程」はこちら

「参加者の皆さんの声」はこちら

| 過食嘔吐をやめられたわけ | 08:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【個人コンサルティング】

個人コンサルティング

グループでの分かち合いの会への参加に抵抗を感じる方。
または、分かち合いの会に参加したけど、より深く個人的な相談を希望する方。

個人でのご相談、コンサルティングを承ります。
ご希望の方はお気軽にお申し込みください。


■場所 都内港区カフェにて、その他、ご相談に応じ決定いたします。


■費用 120分 20,000縁


■過食、過食嘔吐、PMS(月経前症候群)でお悩みの方が対象です。
※現時点では、拒食症の方はご遠慮ください。それは、私自身極端な拒食の経験がないためです。なお拒食と過食、過食嘔吐を繰り返している方は対象とさせていただきます。どうぞご理解ください。


■お問い合わせ&お申込み

参加希望の方は、yogakutir@live.jp 宛

1、氏名
2、お住まい
3、連絡先
4、過食嘔吐歴など、私に事前に伝えておきたいと感じること、ご相談内容などご自由に。

上記、および、個人コンサルティング希望と明記のうえご連絡ください。
その後、日程、場所などを調整していきます。


<重要>

・このコンサルティングは、過食嘔吐の完治をめざし治療するものではありません。あくまでも私自身の経験をもとに、ご相談者様の現状や心境を伺い、回復へのきっかけづくりとなるよう、その方法を分かち合う場です。
必要に応じ、ヨガ、呼吸法、瞑想、食事法、エネルギーワークなど、これまで私自身が実践し過食嘔吐という症状を抑えるのに効果的だったと思われることを、ご相談者様にあわせて提案してまいります。

・プライバシーを大切にいたします、ご安心ください。

・心から過食嘔吐をやめたい、そして前向きにそこに関われる方のお申し込みをお待ちしております。

秘め事だった過食嘔吐を明るみに出しましょう。
だって全然隠す必要のないことですから!
私は本当にそう思っています。

会えるのを楽しみにしております。

はる


「目次」へもどる

「開催日程」はこちら

「参加者の皆さんの声」はこちら

| 過食嘔吐をやめられたわけ | 08:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【参加者の皆さんの声】

<分かち合いの会:私が過食嘔吐をやめられたわけ>
にご参加いただいた皆さんからの感想をご紹介いたします。




会を開催してくださって、本当にありがとうございました。

行く前はそれなりに緊張していたのですが、実際に皆さんと会ってみると、同じ悩みを抱えている仲間と一緒にいるというのは、それだけでも精神的に癒されることなんだなと知りました。

はるさんのお話を聞いていて、共感できること、気づかされること、目からうろこのこと、本当にたくさんありました。

今までずっと「過食嘔吐という行為そのもの」だけに目を向けて、それを止めよう止めようとしていたのですが、それがむしろ悪化させてたんだな~と。

自分のことを責めるのではなく、認めて、許して、愛さなければ、いつまで経っても治るわけがない。

それがよく分かりました。すごく自然にストンと腑に落ちた感じです。

見たくないことから目を背けることばかり考えていて、それが結果的に自分を追いつめていたんだということに、気づきました。

ビックリするくらい心が軽くなりました。

「あの日以来、過食嘔吐が無くなりました~」なんて、そんな都合よくはいかないと思いますが(笑)、でもそれでいいんだ、きっと大丈夫、と素直に前向きに考えられています。

こんな気楽に考えられていることが驚きです。

過食嘔吐に対してだけでなく、自分の生活・人生そのものに今まで見えていなかった(見ようとしていなかった)光が差し込んだ感じです。

勇気を出して申し込んで、本当に良かった。
ご縁に心から感謝です。


**************


摂食障害の方々は、私を含め、摂食障害であることに罪悪感を持っていることが多いです。

きっかけは様々ですが、自己評価が低く、症状を誰にも言えず、長い間、自分を責め続けて苦しんでいる方々も多いと思います。

この会でお話できたこと、また、はるさんや仲間の話を聴くことができたりすることは、とてもいい体験でした。

私は、摂食障害の自助グループや、心療内科にも行ったことがありますが、そこはどうしても閉鎖的な空間になってしまいがちです。

今回は、素敵なレストランのテラス席で、普段の会話のようにお話できたことが良かったです。

はるさんの堂々とした姿勢と明るさから、「何も隠すことじゃない」「自分を責めすぎることはない」ということが少しずつですが実感できました。

摂食障害真っ只中のときは、自分への呵責で、どんどん視野が狭くなり、自己責苦の囚われにがんじがらめになってしまいます。
そんなとき、この会はとても助けになってくれると思います。

話をすること、話を聴くことは、とても大切なことだと感じます。

私は、会を終えたあとから、「あぁ、私はこんな風に感じていたんだな」「あんなことが、とても気になっていたんだな」と、蓋をしていた自分の気持ちを、ちょっとだけ感じることができました。

はるさんや、仲間のお話からも、たくさんのヒントをいただきました。これからも、きっと時間はかかりますが、これまで無視してきた自分の声に、ゆっくり耳を傾けてあげたいと思っています。


**************


はるさん、今日はありがとうございました〜!!
すっぽり包まれたような温かな時間でした♡

開放的な空間で食事をしながらのお話会はリラックスできて、
私はとても良かったと思います。

不思議とまわりのお客さんのこと気にならなかったです。

ずっとずっと恥ずかしくて誰にも打ち明けれず、
隠して握りしめてたものを今日初めて自分が過食嘔吐してるって言えたこと、
私にとっての大きな一歩です^ ^

ここに参加した自分によく来たねーって褒めちゃった。

苦しかったの一人じゃないって分かち合えるのは、自分自身の癒しに繋がる。

はるさんのお話を聴いてくにつれて、ふわっとココロが軽くなった。

ずーーーっと過食嘔吐してる私を否定して、
やめられない自分が大嫌いでカラダとココロが離れて悲しくて苦しくて。

消えたい消えたいって、私は生きてる価値ないって。

でもね、過食嘔吐が私を守ってくれてたことに気付きました。

どうしようもない張り裂けそうなココロのモヤモヤを思い切り食べて
吐き出すことで浄化していました。強引だけどね(笑)

今はまだ生理は止まっているけど、どんな私も大切に受け入れて
じっくり癒していけばカラダも変化していくと信じてる。

私は幸せいっぱい輝かせて、
溢れるものがきっとまわりにも循環していくんだろうな。

考えただけで、にやけちゃう♡

私、大切なひとに過食嘔吐のこと伝えてみます!

はるさん、本当にありがとう!!!
素晴らしいご縁に感謝しています。
はるさんの柔らかな笑顔にまた会えるのを楽しみにしています^ ^


**************


本日は、素敵な場を設けて頂き本当にありがとうございました。

ハルさんのお話を聞いている途中で、涙が何度か出てくるところがありました。

緊張状態だった私の心の悲痛。
背けていた心の叫びが癒され、涙として溢れ出たのだと思います。

人に話す。今まで絶対にありえないことだったけど、その小さな勇気が、
心をすごく楽にするのだと感じています。

今日はハルさんに種を蒔いて頂いたので、
今後は自分もハルさんの様に種を巻ける活動がしたい!と思いました。

今後は、自分の心の声とのコミュニケーションを深める、
この実践を積み重ねていこうと思います。


**************


はるさんの壮絶な人生経験を聞いて、
今まで、そこまで包み隠さず話してくれた人はいただろうか?
一人いるか、いないかと思います。

私の周りは、正し過ぎる、窮屈だったと思いました。

正しい生き方が素晴らしく、そこから外れた自分はダメな人間だと思っていました。

今日は、自分の未来を感じられる分かち合いの会でした。


**************

ご感想をくださった皆さん、本当にありがとうございます。
皆さんが心をひらいてあの場にいてくれたことに深く感謝しています。

はる


「目次」にもどる

「開催日程」にもどる

「個人カウンセリング」はこちら


| 参加者の皆さんの声 | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ティク・ナット・ハン師の容体

1908189_568077193332914_5496325756274377373_n.jpg

プラムヴィレッジから6月28日付のティク・ナット・ハン師の容体の公式発表があったようです。

「マインドフルネス」を体現し生きていらっしゃるハン師。
心配された容態もじょじょに回復。

りんごとレモンとアボカドを召し上がり、
OMを唱え、
歩く瞑想もはじめられたとか。

「タイはたゆまぬ実践をしてみせ、それはタイが決して実践の道を去ることのない意志の証し」


本当に本当に、まだ肉体に留まっていただきたいと感じる方です。

ハン師からいただいた微笑みの瞑想や気づきのベル、歩く瞑想、食べる瞑想は暮らしの中で意識を向けています。

朝からほっとするニュース。

*****************

《公式発表》

2015年6月28日
プラムヴィレッジ・フランス

全プラムヴィレッジ・センター
全プラクティス・センターと世界のサンガ
親愛なる友人の皆様

プラムヴィレッジにあるご自身の庵に4月初旬に帰宅して以来、タイが健康を大幅に回復されている様子を、こうして皆様にお伝えできることは私たちの何よりの幸せです。タイは毎日戸外へと出て、自然の中で花々や鳥の歌、樹の下でのひとときを楽しまれ、また30年以上も前に、手ずから植えた竹林の涼しさの中、小川の流れる傍のハンモックに横たわったりしながら、日々を楽しんで過ごされています。

医師と看護師の往診は今も続き、日々タイは理学療法とマッサージ、鍼灸治療を受け、付き添いの弟子たちがタイを24時間体制でサポートしています。

高齢にも関わらず、タイの回復にはめざましいものがあります。

ある日のこと、タイは固形物の飲み込みを再開することをご自身で決められ、付き添いの弟子にりんごの用意を頼みました。その次はレモン、そしてアボカドでした。タイが一口一口、飲み込む前に40回以上もよく噛み、至福の面持ちで味わう様子には、誰もがとても驚かされました。気づきに満ちて味わおうとする、タイのマインドフルネスと集中力、喜びには素晴らしいものがありました。その日を境にタイは決意と集中力をもって自力で食べ物を味わい、食事を摂られるようになったのです。シスターたちは愛と創造性を発揮して、様々な滋養ある健康的な食事をタイのために用意し、タイは喜んで口にされています。そして日に数度の健康的な食事で十分な栄養を摂れるようになると、合併症を起こすこともなく無事に栄養チューブを取り外すことができたのです。これはタイの医師団にとっても驚きでした。タイは笑顔になり、私たちも皆ほほえみました。

ここ最近のタイは、弟子たちのハミングや歌に加わり、発声機能を取り戻し始めています。最初はシスターの一人が“Nam Mo Bo Tat Quan The Am.” ──観世音菩薩 ~偉大なる慈愛の菩薩~へのベトナム語の祈り──を唱えていたところ、タイが突然、最後の “Âm” (ウムと発音)を、はっきりと一緒に唱えたのです。この“Âm”とは奇跡的にも『音』という意味を表す言葉でした。 その後タイが皆へと向けた輝くような眼差しは、“どんなことでも可能なのですよ”と言わんばかりで、ほんとうに感動的な瞬間でした。そして居合わせた弟子たち全員が集まってタイに加わり、このチャンティングを続けたのでした。この出来事を皮切りに、タイは毎日、ベトナム語・英語・フランス語のお馴染みのプラムヴィレッジの歌をすべて歌ったり、あるいはハミングして楽しむようになりました。現時点でのタイはメロディーを発声し、時には単語を発語することができます。手振りで歌詞の意味を表すことができ、正確な発語に成功するたびにタイは喜びを表し、また周囲を感嘆させています。

タイの強い回復の意欲を目の当たりにした療法士の先生方は、これはリハビリにおいて最も大切な要素であると評価されました。体力とバランス、姿勢の回復にタイは非常に努力しています。タイははっきりと意思表示をされ、現在では支えなしで、まっすぐに美しい姿勢で座ることができています。この3週間というもの、右半身に麻痺を残しながらも、タイは再び歩く意欲を示し続けています。一人に後ろから支えられ、もう一人に右足を進めてもらい、タイは今、日に数度、庭で歩く瞑想を再開しているのです。その一歩一歩の中にタイの喜びと自由があることが、私たちにも感じられます。タイが一歩を歩むには大きな努力を要しますが、その一歩ごとがタイにとっての勝利であり、この美しい母なる地球の上で生きている歓びの証しであることが、私たちにも見て取れるのです。

時折、ブラザーとシスター達150人から成る出家者のコミュニティが集い、タイと歩く瞑想を実践しています。先週の歩く瞑想では、タイが弟子たちと対面する喜びや、サンガを率いて歩く瞑想される幸せな様子に、私たちも触れることができました。タイは青空や、風に揺れる竹を指差し、ブラザーたちのひとりに微笑みかけては、今この時を楽しむよう、皆を導いて下さいました。肉体的な制約を受けながらも、タイの勇気と決意、そして喜びは、健康な足であとに続く私たちにも明らかな教えでした。一歩一歩、どんな条件のもとにあっても、タイはたゆまぬ実践をしてみせ、それはタイが決して実践の道を去ることのない意志の証しでした。タイは私たちがこの実践の道を歩み続け、生きる神秘を味わうことを力づけて下さいました。

この何ヶ月もの間、タイとサンガを愛を込めて支えてくださったすべての皆様にお礼申し上げます。皆様の慈愛と祈り、そしてタイのために深くマインドフルな実践を続けてくださった献身に、深く感謝致します。また、タイの部屋に飾るために子供たちの描いた素晴らしい絵を送ってくださった方々、真心のこもった寄付を送り、タイを支えてくださった方々に特に深くお礼申し上げます。

プラムヴィレッジの池では蓮の花が咲き、果樹園ではプラムが実りはじめました。プラムヴィレッジの全ハムレットでは、7月の一ヶ月間、毎週約800人の夏リトリートの参加者をお迎えする準備が始まっています。一年の中でもこの夏リトリートはタイのお気に入りの時期です。タイの教えを継ぐ昔からの高弟たちが、タイの継続として教えを説き、ご家族連れや子供達の参加も歓迎されます。夕刻前の陽射しの中、樫の林や竹林の木陰やベランダで、お互いを深く分かち合う友達同士の輪が見られ、鐘の音が鳴り響く中、心を開く涙が流されることでしょう。

9年前、タイはこう質問されました。
『今年80歳になられますが、いつか精神的な指導者から引退されることはお考えですか?』

タイの返答は次のようなものでした。

『「教え」というものは言葉だけでなく、私たちが生きる人生そのものから伝わる~と仏教では考えます。あなたの生き方そのものが「教え」であり「メッセージ」となるのです。つまり、私が坐り、歩き、食べ、サンガと関わり続けること即ち、私が教え続けているということなのです。法話を行う師家(ダーマ・ティーチャー)たちには、すでに私に替わって法話をするよう勧め始めています。多くが素晴らしい法話をしています。中には私のより良い法話もあるのです。私は自分の弟子たちの中に自分自身の継続を観ています。私に引退はありません。教え続けて行きます。法話を通してでなくとも、坐り、食べ、ほほえみ、サンガと関わることで、私は教え続けます。私はサンガと共に在りたいのです。もし法話をしなくても、歩く瞑想・坐る瞑想・マインドフルな食事などには参加したいですね。何も心配しないでください。人々はプラクティスのエネルギーに触れると、感化され、ひらめくのです。教える為に必要なのは「語る」ことではありません。自分自身の人生をマインドフルに、深く生きることなのです。』

インスピレーションに満ちたこのタイの言葉は、今年のプラムヴィレッジの夏リトリート、8月のEIABドイツ語リトリート、秋のアメリカ・ツアーで、何千人もの皆様のリトリートを導く私たちの指針です。どうぞご参加下さい。

プラムヴィレッジ夏リトリート(英語)
http://plumvillage.org/retreats/info/summer-opening-retreat-2015/
EIABドイツ語リトリート(英語) http://tnh.eiab.eu/german-retreat/
2015秋アメリカ・ツアー(英語) http://www.tnhtour.org/

どうか 皆様が 愛する人たちの存在を 心から愛おしみ
共に歩むことを 満喫されることができますように

愛と信頼をこめて

プラムヴィレッジ僧侶一同


| 感じたままに | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨガは繊細さと自分への優しさ



菊名で続けているシニア向けのチェアヨガ。

おひとり、70代半ばの方の今日のシェアに涙が出ました。

はる先生、私、これまで本当に未熟でした(笑)
鈍感でごめんなさい。

今日はじめてわかった気がします。

ヨガは、
この体への繊細さと、
自分への優しさなんですね。

と。

左足を動かした後の左肩の緩みに気づいた時、

こうやって繊細に体に気づいてあげることがどれほど大切で、
それこそ、本当の自分への優しさなんだって、はっとしたんです。

って。

もう(涙)
本当にありがとうございます。

一時外出も不安だった体調がどんどん回復し、
毎日の生活にハリがでて、精神的にも安定して来ている様子。

ヨガを暮らしにいかすのに、年齢制限はありません。
私も嬉しく思ってるおひとりです。

****************

【チェアヨガ講座 -NPO法人シニア自然大学校有志- 】
 
 年齢・性別問わず、どなたでも参加できます。チェアヨガに興味がある方、気軽にご参加ください。
 
 ■日程 月2回、木曜日14:00-16:00 
 ■場所 横浜線菊名駅 徒歩7分 ギャラリースペース弥平
 ■参加費 2,000円(1回)

 申込み、お問い合わせは事務局までご連絡ください。
 entry☆machi-yama.org (☆を@にかえてください) 
 070-6561-3741 (10~17時:塚原まで)



| YOGA | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気づきのノート、あるがままの私



7月4,5日の過食嘔吐に関する分かち合いの会。

FBでの、多くの方のいいねとシェアのおかげで、ずいぶんと遠いところまでご縁が繋がっていきました。
本当にどうもありがとうございます。

最初、特に定員を設けていなかったのですが、お申込みが入るにつれ当日の場がイメージできて、参加者も、そして私自身も安心して過ごせるのはこの人数だなと感じたところで、お申し込み受付を終了しました。

現在、7月5日(日)の会、あと1名ご参加いただけます。
分かち合いの会:私が過食嘔吐をやめられたわけ

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1648875452048655/


ところで、今日、いつものお気に入りのカフェにたくさんのノートを運び込み何時間もこもっていました。

このノート。
私の気づきのノートです。

そしてむかしの日記や、食事記録など。

ヨガや瞑想、日々の暮らしから得た気づきのプロセスが、ミミズのような字でしたためられたノートは10数冊。

苦しい胸のうち、私の本音、人に言えないようなブラックな部分、ドロドロした感情、そして弱々しく繊細な私。

喜びも切なさも、やるせなさも、全部さらけ出してました。

この数年はもう開くこともなかったけど、ホント、捨てなくてよかったなー(^^)これ、私の宝ものです。

今こうして、分かち合いの会に向けてノートを読み直していたら、私は本当に自分が愛おしくなりました。

そして生きるってことはなんて素晴らしいんだ、って思えて泣けてきました。

自己探求を続けてきてよかった。
自分の中にしか答えはない、内側を見つめ続けてきてよかった。

自分を知ることからしか始まらない。
このノートは、まさに私そのものでした。

そして、ここには、

罪悪感をもたず、
自分の存在を受け入れ許し、
力を抜き自然体で、
等身大の私で、
ありのまま、
背伸びしないで生きる方法が、

たくさんたくさん、書かれてました。

完璧なんてどこにもない、
もっとダメでいい、
人からの評価判断、
そのものさしで自分をはかるのをやめよう。

嫉妬や羞恥心を静めること、
怒りをうまく扱ってあげること、

自分の本音に耳を傾ける、

心を落ち着かせるには、

そして愛するってどういうこと。

ヨガのポーズの中での気づきは、体を通して沸き上がる。
ポーズの中で湧き上がる思考は、心の癖そのもの。

思考の癖に気づくことから変容が始まる。
そして心の緊張に気づいてあげること、

体を緩めることで、心の緊張をほぐしていくこと。
心の緊張が生まれるわけ。

心の緊張が生まれたとき、
私は過食嘔吐の波にのまれてた。

私が分かち合いの会で伝えたいことのエッセンスはここなんだ。

心はなぜ緊張するの?
心をリラックスさせるってどういうこと。

心が緩めば、体も緩むよ。
いいんだよ、もっと休んで。

もっと緩んで、もっと自由に、もっと思いのままに。

とにかく大切なのは、
私が、あなたが、
幸せであること。

それだけ。

そして、生きるってことは、実はかなりそうとう面白いってこと。

私も死にたかったけどね。
もう今生で終わり、二度と生まれかわるか、地球なんでもうこりごりって思ってたけどね。

今は思う。

わるくないかも、って。

ぁあ、ここに書けてよかった。
きっとこんなテーマの分かち合いの会になるんだなー。

これまでの私の実体験からしかお話しできませんが、参加してくださる皆さんに耳を傾向けたもらえたら、本当に嬉しい。


| YOGA | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。