観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ショートムービーの撮影@すげかり公園「和館」

昨日の観音ヨガ@すげかり公園「和館」、
いつも通りのクラスに、
おだやか家のショートムービーの撮影が入りました。

おだやか家にある「農食和音」の和の部分です。
treat と訳された和の部分のひとつの切り口として、

私がシェアするヨガがあり、

そのヨガを通して私が分かち合いたいもの、
それを映し出すために、昨日の撮影が行われました。

おだやか家に来てくれた方、
ヨガに参加してくれた方、

料理教室もそうかな、

多くの方が言ってくれる言葉に、

「はぁ癒されたぁ」というものがあります(^^)

癒しってなんなんでしょうね。


カズとふたりでよく話すんだけど、

どんなときも、
まず私たちが私たちのままでここにいて、

そして、ふたりが本当に生きることを楽しみ、

勝った負けたでなく、
どっちが損得でなく、

奪い保持するでなく、

共に認め合い、
あるものを分かち合い、

そこに生まれる豊かさを体現していくこと、

そして、体健やかに、心おだやかに、
生きることをまっとうする、

それが「おだやか家」だよね、

と。

私たちが私たちのままでいるとき、
ここに集う人も、ありのままになっていく。

朝、集合した時の、
都会の暮らしをしょって、
体に硬さをもった緊張した面持ちが、

畑にでて、
土を踏み、
風を感じ、
太陽を浴びて汗をかき、

ありのままの姿でそこにいる植物と触れ合い、
その命、美味しいご飯をモリモリと食べ、

みんなでたあいない話で盛り上がり、

夕方、帰る頃になると、
子どものような無邪気な、

その人の本当の笑顔が見えてくる。

そして口から出てくる言葉は、
癒されました。

私たちは、
私たち本来の姿に戻れたとき、
しんから癒されるんだろうと思う。

暮らしの中で、
自分を守るために保持してきた
心と体を覆う重たい鎧。

外から受けるたくさんの価値観、先入観、
固定観念にがんじがらめになって、

自分の本音が見えなくなったり、

本当に望むことがわからなくなったり、

体から発せられるメッセージ、
その知恵にアクセスできなくなったり、

そうやって毎日を生きるとき、
私たちの心と体は病む。

でも、

自然にふれ、
自分の自然を取り戻すとき、
それは癒される。

私は、
ヨガのプラクティスを通して、
そのプロセスをサポートしてる。

自分の自然にアクセスできるように。
だからなにより私が自然体でそこにいます。

そんな自然体な私を、
まんま撮ってくれたカメラマンかずぅ、
本当ありがとう。

昨日の動画がショートムービーの中で
どんな風にいかされるか、本当に楽しみです!

そして、昨日、撮影が入るにもかかわらず、
いつも通り、自分自身と繋がってくれた参加者のみなさん、

改めてありがとうございました!
スポンサーサイト

| YOGA | 14:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。