観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

音霊、音の波動、音の存在

IMG_604120130511.jpg
池上にある實相寺、妙玄庵。

IMG_604420130511.jpg
小雨ふる寺の風情というのは、また格別にいいものです。

ここは池上本門寺の隣にあり、日等聖人が隠棲した庵室らしい。
(實相寺HPの沿革より)

普段は寺子屋を開いてる場所でのコンサート。
外から見た感じがまたステキ。
IMG_604620130511.jpg

ガイアシンフォニー第六番を見たとき、
湿原で弓を振って発してる音に妙に惹かれたのを覚えてる。

今回、あの時の4人が集うコンサートだと知り、
またこのタイトル「ナーダブラフマー」に惹かれて、
即、チケットを予約。

ナーダ = 音 
ブラフマー = 神なり


実際に4人が場に登場し、即興で音が奏でられてからの2時間は、
私の中でプラーナが動き続けてて、

それはもう、言葉にならない、ちょっと大変なことになってました。

大変なこと。
簡単に言っちゃいえば、イキ続けてた、って感じ。

本当にそんな感じなの。

音の波動で、私のプラーナが揺さぶられて、
心地よさと混沌と、静寂とダイナミックさが入り混じっちゃった、
なんとも、かんとも、すごいことに・・・。

あはは、やっぱりまともに言葉にならないね。

音ってつまり波動なんだけど、
4人それぞれが出す波動が、大きな楕円運動や、小刻みなウェイブや、
まっすぐストレートな流れや、ぐわんぐわん回る渦巻きだったり。

もういろんな形状の波動が行きかってて、それが絶妙にはまってて、
まったく違和感なく、最後は大いなる宇宙の中に内包されてて、

それがそこにあるのが、必然って感じの音になってて。

それに包まれたとき、私たちの人間の肉体、小宇宙は、
ダイレクトに反応していくんだ、と、つくづく感じてた。


奈良さんが例の弓を空間の中で鳴らしはじめたとき。

私は目を閉じて、その空間の微細な振動に、
すべての意識をフォーカスさせてた。

心が震え始めて、涙が後から後から湧き出てきたんだ。
拭くことも忘れて泣いてるもんだから、ちょっとした号泣状態で、
ぐずぐずになってたんだけど、

そのフィーリングは、喜び以外の何物でもなくて。

この空間・スペースにある、本質的な存在。
物質として存在していなかったナーダが、弓を振るうことで、
顕在化されてきたことへの感動。

あぁ、すでにそこに在ったんだ。

と思い知らされた、感じ。

奈良さんが奏でるすべての音に神が宿ってたな。

KNOBさんのディジュは芯から強く、芯から柔く。
大地から天へ大きな渦を巻いて登っていってたし。

雲龍さんの笛たちは、凛とした日本の神々を見せてくれてた。
素晴らしいプラーナヤーマ。
あの聴こえない音、微かな音色を表現できるってすごい。

そして長屋さんの金楽器たちは、繊細かつダイナミック。
全体の中のコアを作り上げてて潔かった。


中盤、私としては完全にイカされてて、

全体が大きな音に包まれていったとき、もう中から上がってくる
衝動を遮ることができなくなって、
音と共に、「あぁあぁぁっぁぁあ」と雄叫びあげちゃったくらい!

完全にステージ2の段階。

エッジでプラーナ高まってて、それを健全に解放したくて、
声を出すことでそのエネルギーを自由に、行くべきところへ
流しだしてあげたんだ。

あぁ、最高に気持ちがいい。

クリパルやってたよかったなーって後からつくづく思ったわ。

その後も私の中ではどんどんプロセスは進み、ステージ3へ。
深い瞑想のフィールドに入っていけた時間だった。

音が鳴りやんでからもしばらくは軽い放心状態だったかな。
本当に素晴らしい演奏でした。

IMG_606120130511.jpg
奈良さん、いいお顔されてます。

IMG_606720130511.jpg
3人ともお互いに感じ合うものがあったのか、
瞑想のこと、ヨガのこと、音のこと、この肉体をもつ意味や、
その役割といった話をさらりと交わした私たち。

このご縁、大切にしよう。

近々、奈良さんが行ってるサイレントセッション、
瞑想会に行ってみます。

IMG_607120130511.jpg
最後、購入したCDにサインをしてくれた奈良さん。

書も書く奈良さんらしく。

上から「月と星と太陽」「楽」「煌」「TAO」、
そして観音様の絵をさらりと。

ナーダブラフマー・音は神なり。

音が神であり、その音を神に捧げてる4人。
音霊を奏でる演奏家たち。

素晴らしい時間でした。

Om Shanti.



<おまけ>


| 感じたままに | 23:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

奈良さん♪好きです♪
数年前、南青山ヒーリングテラス空でのライブで初めてお会いしたの^^
なんともほんと言葉にならない、、、衝撃というか、なんというか。

サイン入りCD私も持ってる〜^^

奈良さんを囲んでる二人の表情も穏やかで素敵♪

| ちぃ | 2013/05/24 22:58 | URL |














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/132-12440949

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。