観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風水コンサルティング

昨日は面白い初体験、それは「風水コンサルティング」。

ヨーロピアン風水を学ぶ神まゆみさんが我が家に来てくれて、
部屋の隅々まで観てくださいました。
(※興味が沸いたら連絡ください、神まゆみさんをご紹介します。)

「部屋というのはその人の潜在意識を表しているもの、その潜在部分を
 調えることで、顕在化している人生の流れに変化をもたらそう」

というものだと神ちゃんは言ってました。


鑑定後、私がまず取り掛かろうと思ったのがカーテン。

ここに越してきてはや1年。

すべての部屋のカーテンが、前の家から持ってきたサイズ違いのものや、
カラーリングの合わないものばかり。

あと、庭に面したかなり大きな窓に、いまだカーテンをつけてなくて、
それがエネルギーを筒抜けにしている状況に。


うちは玄関から庭まで、直線で風が吹き抜ける構造なんだけど、
それって、入っては出ていく、流れが速い、筒抜けオープン、という質感。

思えば、ここに越して来てからのあらゆることの展開が、自分たちでも
驚くほど速く、出入りが激しい感じが、まさにここに表れているな、と
いう実感です。

カーテンの色にも、その部屋にあったものがあると聞き、

キッチンにはグリーン、
居間には赤(ピンクや白と赤の組み合わせなんかもOK)、
玄関には白やシルバーなど、

それに沿ったものを選んでいこうと思う。


あとは、収納棚。

ついつい、取り出しやすさを考えて、物がむき出しになる棚を選びがち
なんだけど、引き出しや扉がついたものがいいらしい。

もしくは、物を箱に入れて棚に置くなどして、細かなものたちが無意識
レベルで、潜在意識へ入り込まないようにしたい。

それはつまり、情報量の多さが必要な情報を引き出すことを阻害するから、

必要最小限の、必要な情報だけで自分を満たすようにして、
効率よく情報を使うため、そんな感じかな。

まずはキッチンの調味料たちを整理してあげて、
あとは仕事用のファイルなども、箱に入れてあげようと思う。


あと、いろんなところに、よかれと思って貼ってあったポストカードたち。

好きな作家さんの作品も、大きなものは金額的にはるので買えない。

だからせめてポストカードでも、と思って買い集めては壁に貼って楽しんで
たんだけど、これ、全部NG。


潜在的に、自分の価値はここまで、と決めてしまってる表れなんだって。

ヘー!ここにセルフイメージの低さ、自己評価の低さが出てるとは。


そして、ひとつ上の自分になろう、という目標設定ができないことへの
表れでもあるみたい。

自分をより成長させるために、絵は大き目のものをドン1枚飾ることにしよう。

もしくは、ポストカードを自分でコラージュして、
1枚の絵にしあげ額に入れるのもいいらしい。

ひと工夫だね。

ということで、今貼ってあるポストカードはすべて撤収。

同時に、その方角にあった絵をセレクトしていこうと思う。


あと本。

本って、執着しちゃうよねー。
一時、意識的に減らしていった時期があったんだけど、
ここにきてかなり増えてる。

本棚を買い足そうか、と本気で考えてたけど減らす方向で考えよう。


その他、細々したものは、「これ、今使ってる?」というダイアログで、
整理していこう。


あと、残念だったのが、私のデスクを配置換え。

カズのデスクは見事「社長机」に
(壁を背にして入り口に向かって座る)配置換えできたんだけど、
私のは部屋の構造からしてできずじまい。

机の配置ってかなり影響力あるっていうから、試してみたかったな。


とまぁ、いろいろ改善ポイントがたくさんあったんだけど、

反対にこの家のすごさ、よい点もたくさん見つかった。

この家は、大工さんが自分のために建てた家だけあって、
基本的な風水をうまく取り入れている家。

水回りがあるべきところにあったり、
方角もいいところに向いてたり、
また、庭の木々も、それがあるべきところにあったり。

だからある意味、風水グッズ、といったものがまったく不要。

例えば、日の出の写真を飾った方がいい方角から、
毎朝、朝陽が上ってくる、とか。

山の絵を飾った方がいい場所は、見渡す限り山だったり。

うん、さすが、って感じです。


この家は、私たちの大切な暮らしの場でもあるし、
同時に、Yoga Kutir、おだやか家の活動の場。

だからこそ、人が集い、心地よく過ごせて、いいものを持ち帰って
もらえる空間にしたいんだ。

エネルギーがスムースに循環する家、
入って出てく、という一方通行な感じにしたくない。

必要なものが留まる家に。

そんな想いをもって、意識的に改善していこうと思う。


家と庭、と書いて家庭。

だから、

家と庭を調えることって、家庭を調えることなんだろうな。

そこに住まう人の心が、より穏やかになるんだろうな。

Om Shanti.


| 感じたままに | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/136-0323efe6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。