観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

深い反省と共に印象的なひとクラス

久々に、落ち込みました。

自分のクラスの録音を聴いて、あそこまでガッカリしたのは、
久しぶりのような気がします。


このところの忙しさ、立て込む予定、新しいお志事へのプレッシャーと緊張、
排卵時期、ファスティングの好転反応、などなど。

あげたらきりがないほど外的要因はあるんだけど、

そんなことは置いといて。

とにかく、私自身がまったく落ち着いてない。

カズいわく、ギザギザととがった波動を全身から出してた数日間でした。


そんな中、月曜のYoLのレギュラークラス。
自分自身のセンターリングがまったくできずにクラスに入り、

にもかかわらず、新しいヨガフローにチャレンジした日。

クラスが終わってからも居心地が悪く、
生徒さんともうまく話せないような精神状態。

参加してくれた仲間からのオファーリングをかろうじて受け取り、
そのまま次のお志事、オフィスヨガへ。

相変わらずモヤモヤしながら、やることリストに追われ、
内側奥深くで混乱しながら、翌日は「女将のおでかけ」。

そこでも、頭に浮かんだことと言葉が合わないことがたびたび。

レンコンって言いたいのに、ダイコン、っていったりね(^^;)


そして、昨日の午後の移動中ようやく録音を聴くことができた。

でもね、正直、最後まで聴くことすらできなかったの。
それはそれはひどい有様で。

早口で言葉が多く生徒さんが体験するスペースまったくなし。
私が何をするかに必死になってて、呼吸が浅い。

自分の中の時計が、早回しになってるんだろう。
ヴァータがあがって、どうしょうもない状態。


あぁぁあーーー、もうがっかり。

私ったらまだこんなことになる日もあるんだ、と自分に凹みました。

そして、あの日来てくれた皆さんのヨガの時間に対して、
本当にお詫びしたい気持ちでいっぱいになって。

いたたまれなくなって、オファーリングをくれた仲間にメールすることに。

自分の状態に気付き、本当のガックリしたこと、今の状態をありのまま伝え、
本当に息苦しい時間を過ごさせてしまい、ごめんなさい、と伝えた。

彼女は、そんな私を100%受け止めてくれて、

私ははるさんの素晴らしさを知ってるから大丈夫!と
暖かく認めてくれて、

あぁ、本当に泣きそうになっちゃった。

ティーチングは、なにより、自分自身がそのまま表れる場。

私自身を調えてなきゃ、と改めて肝に銘じる出来事だったのです。

とても印象に残るひとクラスでした。

ちなみに、この録音を聴いた後のシニアヨガで、
このことをありのまま皆さんとシェアし、人生の先輩方から頼もしい
共感を得て、すごく落ち着いたいい場をクリエイトできました。

そして夜は、そのままYogalogの収録へ。

ふう・・・。

日々移り変わる自分自身を、否定することなくただ気付いていたい、
意識的でありたい、と想った日。

Om Shanti.


| YOGA | 09:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/160-00e8ac31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。