観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

腰を5センチあげたところで

IMG_70672013061.jpg
ひさびさに、まっきーとランチ

1年くらい前、この席で向かい合ったねー、なんていいつつ、
まっきーのクラスを受けた後のシェアリングランチです。

場所はもちろん、下北沢のありしあ

まっきーのクラスをフルに受けるのは久しぶりです。

先日、仲間のえりこが「まっきーのクラスすごく良くなってたー」
ってレポートしてて、私もぜひ受けたいと思ってたんだ。

確かに!いいクラスだったー
以前よりずっと安定感が増し、まっきーの意図が明確に伝わるクラス。

それは、伝えようとしてるのではなく全体的に滲み出してる感じ。

自由さの中にある、真の自主性を尊重するような言葉がけが自然と出てて、
受け手としては、自分がヨガをしてる体験に入っていける。

I DO YOGA. のステージ。

まっきーらしくなってきた。

本当にそう思って、私も久しぶりの自分のヨガの時間を堪能してました。


そして、女神のポーズでホールディングしてるときのこと。

いつもどおり、大きく脚を開き腰を沈め、胸を開きエッジに入っていき
呼吸を繰り返してました。

私のエッジはここ、と、知っているように。

呼吸の波に乗ってしばらく観てると、

うん、私はここでも留まれる、うん、ここでもできるけどね・・・。
だって足の力もあるし、安定感あるし、大丈夫だよ。

でもなぁ、と、感じたとき、
すっと、ほんの数センチ腰を持ち上げてみた。

そしたらねー、ふぅ、すっごく余裕なんだよね。

気持ちがらくーになって、いっぱいいっぱいな感じがなくなって、
今そこにいることが楽しくなって、ふわんとした。

もう、ずっとここにいれちゃうよ、って気分になった。

そのとき、あっそうだった、と思い出した。

私は、ついついエッジ越えしてキツイところに自分を追い込む癖が
あったんだ、ってことを。

しばらく忘れてたよ、このこと。


気力、体力、情熱、想い、高く保てるものに対して、私はかなりの
エネルギーを注げるし、対応する瞬発力も高い。

たいていのことは、できちゃう。

でもね、できること、と、できるけど本当はエッジ越え、ってことろを、
また見直す時期にいるんだろうな、って感じた。

そのくらい、今の生活は私にとってぎりぎりの瀬戸際、エッジなんだ。

腰を5センチ上にあげただけで、あんなに余裕が生まれて、
持続可能なフィーリングを味わえるんだもん。

週に1日、完全オフを作ったら、きっと・・・。

ね。


週に1日、完全オフ。

暮らしの中でも、

腰を5センチ、

あげてみよう。

そんなことを想った直後のクラス、空回りした私。
きっと忘れられない、印象に残る、ひとクラス。
その件は、こちら・・・。

Om Shanti.


| YOGA | 10:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/161-b878982d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。