観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小出先生の講演会に行ってきました

1501838_10151909502245345_1491266924_n.jpg
「今を生き、明日を生きるために~原発の現状と私たちの未来~」
 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生

小出先生の講演会にいってきました。
これまで、何度も何度も聴いてきた小出先生のお話。

※これまで小出先生の話しを見聞きしたことのない方には
こちらをお勧めします。

・ラジオフォーラム 小出ジャーナル
http://www.rafjp.org/koidejournal/

・あとはYouTubeで「小出裕章」で検索したら、
たくさん出てくるからどれからもでいいと思います、
ぜひ見てください。


聴くたびに、原発がいかに馬鹿げた存在か、

そして、それを黙認してきた私たち大人の責任の大きさ、

それを子どもたちに、そして未来永劫、
この地球に押し付けてしまうやるせなさを感じてきたけど、

生で、目の前で、熱心に話してくれる小出先生の姿を見て、
また深く実感しました。

1505379_10151909502355345_1983475785_n.jpg

2時間以上の話を終えてなお、列をなして質問に駆け寄る私たちに、
膝をつき目線を合わせ、ひとつひとつに誠実に答える小出先生。

こんな方が、今ここにいてくれることは希望だと感じます。

放射能は、私たちの遺伝子を傷つける。

傷ついた遺伝子が細胞分裂によって増え続け、結果、
たくさんの健康被害を起こす。

細胞分裂の盛んな子どもほどその被害が甚大。

子どもを守らないと、守べき存在の大人が事実を認識しないと。

そしてこれから子どもを産むであろう女性たちが気づかないと・・・。

残念だけど哀しい現実が待っているんだと想う。

多くの研究の結果

「被爆のリスクは、低線量に至るまで直線的に存在し続けしきい値はない」

そう結論づけられている。

しきい値っていうのは、これ以下なら安全だよ、という値の事。

それはないと言い切られてる。
つまりどんなに微量でも、放射能は危険でありその影響からは
逃れられないってこと。

国が、東電が、追うべき責任が果たされない現実。
政府は大暴走中。

そういえば、どこかで読んだけど、
明後日24日クリスマスイブは、原発稼働ゼロ100日目、とか?

街中きらきらにライトアップされているけど、
電気はまったくもって足りている。

いま、この期に及んで、原発を再稼働させる意味がどこにあるんだろう?

稼働するごとに膨大な量の、死の灰、高レベル廃棄物を作り続ける原発。
「トイレのないマンション」を稼働し続け、作り続け、他国に売り続ける意味は?

本当に理解に苦しむ。

日本で原発が稼働し始めてたったの47年。
日本に電気が灯ってから、たったの127年。

この100年ほどで、私たちに何が起きたのか?

この100年で、私たちは、先1,000,000年、100万年もの間、
見守らなければならない危険なゴミを大量に作り出してしまったんだよ。

最終的にはいつも同じ。

「さて、私たちに何ができますか?」
「どうしますか?」ってことなんだと思う。


Om Shanti.

| ミツバチの羽音 | 08:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/229-e63a7788

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。