観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2014年 やぎ座の空模様 by 石井ゆかり

石井ゆかりさんの2014年年報がでてます。

2014年の年間空模様

今年1年を想うとき、支えになるメッセージだと思う。

ぜひ。





ちなみに私は山羊座。

ちなみにカズも山羊座。

同じなんだよね、バイオリズムが・・・。

以下は自分のために。


2014年前半、山羊座の人は
「目標をめざす戦い」の中にあると思います。
この熱く激しい戦いは2013年の年末から始まっていて、
日を追うほどに熱が増していきます。
この「戦い」や「目標」はおそらく、
貴方だけのものではなく、
パートナーや協力者など、
「もう一人の誰か」のものでもあると思います。
この「戦い」の道は、
ひとりぼっちで歩く道ではありません。
誰かと一緒に歩いて行く道です。
年明け「まだ誰にも出会っていない、自分はたった一人だ」と感じている人も、
年が明けて時間が経つうちに、
「ともに歩く誰か」に必ず、出会うだろうと思います。


なぜ「共同で」戦わなければならないか。
それは、貴方が一人では戦えない弱い存在だから、
というわけではありません。
この「共闘」は、
貴方が誰かに「ポジションを与える」という意味を持っています。
更に言えば、誰かと共に戦うことによって、
目標の持つ意味そのものが変わってきます。
誰かと共に戦うと、「勝利」の意義も変化するのです。
自分のためだけに戦うときよりも、
誰かのために戦っている時のほうが、
その勝利の意味は重く、充実したものになります。
貴方は、誰かに勝利を授けるために、
敢えて「共闘」を選んでいるのではないかと思うのです。


2014年前半、山羊座の人は挑戦し、
あるいは独立し、誰かに戦いを挑みます。
荒野を開拓して、
自分が生きるための舞台や世界を創造します。
「共同で取り組む」テーマとはいえ、
何よりも大事なのは貴方の意志と情熱です。
誰かの指図や反応を待っていることは、
ほとんどないと思います。
もし、この時期貴方が誰かの指図や反応を待ってしまうと、
ちょっと困ったことになるかもしれません。
というのも、他人の意志に過剰に「引きずられる」ことになるからです。
貴方の中には、貴方が思うより大きな力がこもっているのですが、
この力を動かす主導権を相手に渡してしまうと、
相手に引きずられると言うよりは、
方向性を見失った貴方自身の大きな力に振り回されてしまうことになるのです。


貴方の中にある強い欲望や野心を意識し、
それを軸にした上で、誰かと手を結ぶことが大切です。
そのとき、相手の力や夢が命を得ます。
この時期、
主導権を握っているのは相手のように思えることもあるかもしれませんが、
実際はそうではありません。
物事を動かす本質的な力は、
いつも貴方の内側にあります。


2014年後半は、
貴方の活動が周囲の人々の中に深く「根を下ろした」ことが
実感できるでしょう。
お礼を言われたり、贈り物を受けとったりすることもあると思いますし、
それよりももっと重みのあるリアクションを受けとることもあると思います。
お礼よりも重みのあるリアクション、
それは「頼られること」「あてにされること」です。
2014年後半、人から「頼られる」「あてにされる」ことは、
貴方に取って面倒な厄介事ではなく、
前半戦の「報酬」のように感じられるでしょう。
このことは、経済的にも大いにプラスとなるはずです。


2014年全体に言えることですが、
普段見慣れた、手つかずの荒れ地と思っていた場所が、
実は開拓を待っている豊饒な土地であることをこの時期、発見できます。
貴方と協力者が共同で取り組むのは、
「手つかずの身近な土地の開拓」なのだろうと思います。
この土地を切りひらくことで、
活躍の場が生まれ、人が集まってきて、
そこに色々な生活の根がおりていきます。
貴方の挑戦の結果は間違いなく、貴方自身の勝利ですが、
その勝利をパートナーと、あるいはもっと多くの人々と分かち合うことが、
この時期貴方が目指す本当の「ゴール」なのだろうと思います。



時期的なことを少し申しますと、
1月は勢いよくスタートします。
貴方の星座での新月ともに、
1年が幕を開けるのです。
何か新しいことを始めるのを強く後押しするような出来事が
不意に起こるかもしれません。
野心に火がつくようなタイミングです。
1月半ばから2月にかけては、愛について豊かに恵まれる時期ですが、
経済的な面で少々、停滞感があるかもしれません。
とはいえ、これは時期的なもので、
3月になるときちんと正常化します。


3月はコミュニケーションが活発になります
多くの人とやりとりを重ね、
知識や情報を集めることができるでしょう。
勉強に力がこもるときで、本からも吸収できることは多いと思いますが、
特に「人と会うこと」「人から生な話を聞くこと」が、
学びの上で大きな意味を持つだろうと思います。


4月はどの星座の人にとっても、
大きな動きが在りそうなタイミングです。
山羊座の人にとっては特に、
「居場所」が変動しそうな気配があります。
たとえば、急な転勤が決まって思いがけない場所に引っ越すとか、
電撃結婚した相手について、遠い場所に移住するとか、
そんなイメージの時期です。
貴方の社会的な立場の変化や人間関係の変化にともない、
「普段の生活」が一変する可能性のある時期です。
月末、愛に不思議な花が咲くかもしれません。


5月は人間関係が骨太な広がりを見せるときです。
数年前からじっくり関わってきた人から、
素敵な恩恵を受けることができるかもしれません。
そこには社会的な重みがともなっており、
「責任重大!」というかんしょくもあるかもしれませんが、
この時期の貴方であればきちんと授かったものを
「まっとう」することができると思います。
一方、仕事や対外的な活動の上で何となく待ち状態に合ったことに、
ここで「ゴーサイン」が出そうです。


6月は日常生活や実務的な面で、
停滞感があるかもしれません。
さくさく仕事が進まなかったり、
勉強が捗らなかったりしても、
「先へ進まない」ことで悩む必要はありません。
先を急がず、じっくり時間をかけて足踏みしている内に、
いつのまにかすいすい進むようになります。
また、健康に不安を抱えている人は、
ここでじっくり、生活や体調と向き合う必要があるかもしれません。
メディカルチェックに適したタイミングでもあります。


7月は星座を問わず「新しい時間への扉」が置かれているタイミングです。
山羊座の人にとっては特に、
「パートナーシップ」を完成させて
「その先」へ踏み込んでいくような時期となっています。
また、年の前半を通して取り組んでいた熱い「勝負」も、
ここで収束することになるでしょう。
緊張感に満ちた時間が終わり、
ほっとひと息つく人も少なくないはずです。


8月から9月半ばは「未来」に目を向けるタイミングです。
目に見える結果をださなければならない!という切迫した緊張感はなく、
リラックスしてのびのびと、遠い未来を見晴るかすことができます。
わくわくするようなチャンスがめぐってくる気配もありますし、
刺激的な仲間に出会える人もいるはずです。
積極的に仲間を集めて、
プロジェクトを起ち上げる人もいると思いますが、
そこではあまり目先の損得に囚われることなく、
長い視野で物事を計画することになるでしょう。


9月半ばから10月は、
「過去」に目を向けることになるかもしれません。
以前行った場所に出向いたり、
過去に関わった人に会いに行ったりする機会が巡ってきそうです。
ずっと前にやり残したことにもう一度取り組んだり、
以前の成果を引っ張り出して道筋を着ける人もいるでしょう。
他に、10月は貴重なチャンスがめぐってくる可能性がありますが、
このチャンスは4月二起こった出来事と密接に結びついています。
10月末、魅力的な人物が貴方の「仲間」に加わってくれるかもしれません。


11月は非常に忙しいタイミングです。
自分から新しいプロジェクトを起ち上げたり、
ごく個人的な範囲で
生活をドラスティックに変えたりすることになるかもしれません。
あるいは「イメージチェンジ」を試みる人もいるだろうと思います。
新しい自分になるためのアクションを起こし、
そこから、いくつかのストーリーがまた、始まっていきます。


12月は経済的な変化が起こる気配があります。
年末年始はお金の動く時ですが、
例年よりもその振り幅が大きいでしょう。
あるいは、「お金を稼ぐこと」に積極的になり、
新しい収入の道を切りひらく人も少なくないはずです。
欲しいものを手に入れるために、
自分から動いていけるタイミングです。
一方この時期は、人から声をかけられることも多く、
賑やかで活気あふれる年末となるでしょう。




愛情関係については、
2013年後半から「パートナーシップ」が
山羊座の主要テーマとなっています。
2013年後半、すでにパートナーを得た人もいるでしょうし、
2014年前半に出会ったり、
パートナーを得たりする人も少なくないはずです。
結婚を望む人には、強い追い風が吹くでしょう。
紹介などにも脈がある時期です。
カップルにとっては、この2013年から2014年前半という時期は、
なにかに「二人で取り組む」ことになりやすいときです。
一緒に仕事をしたり、二人で「社会」と戦ったりと、
力を合わせて動く事で、関係を強化することができる時期となっています。
年頭から3月頭まで、非常に強い「愛の季節」の中にあります。
1月いっぱいはなんとなく流れの悪さを感じても、
2月にはすべてを取り戻すことができると思います。
素晴らしいバレンタインを過ごす人が多いでしょう。


一方、いわゆる「腐れ縁」のような、
望ましくない関係に縛られている人にとっては、
その関係が大きく膨張し、
貴方を激しく振り回してくるかもしれません。
この出来事によって、
望ましくない関係から脱することが決意できるかもしれません。
この時期の星の動きは決して、貴方に別離や決着を強制はしません。
むしろ、貴方を大きく飲み込むように動いて行く傾向があると思います。
望ましい関係にかえていこうという試みが、
本当に自分との戦いに向かって行くなら、
関係を改善し、生産的なものへと起動修正することも可能です。
でも、そうした試みに欺瞞が含まれている場合は、
望ましくない部分が「強化」されることに繋がることも考えられます。
「心を入れ替える」という言葉がありますが、
実際、「心」は入れ換えることはできません。
小さな自分自身との絶え間ない戦いや、
もっと大きな破局への強い危機感だけが、
関係を「建て直す」力を持ちます。
この時期、パートナーシップについて学ぶ機会がたくさん、
めぐってきます。
それをどう捉えるかで、
未来は大きく変わるだろうと思います。


愛に追い風が吹くのは5月末から6月、
7月中旬から8月前半、9月、12月中旬以降です。
また、「家族」としての愛情にインパクトが生じそうなのが、
4月と10月です。
お互いに見過ごしていたことを確認しあったり、
お互いの存在の大切さに気づかされたりするような
少々ふしぎな出来事が起こるかもしれません。



2014年前半、
「他者」や「パートナー」に対して果たすべき責任は、
「約束」「契約」のような形で、はっきり確認することができます。
貴方の「共闘」は、目に見える約束を果たすための戦い、
とも言えると思います。
それが2014年後半になると、
一転して、約束は目には見えなくなります。
そこでは、約束が消え失せるのではなく、
目に見えないところへの「融合」に形を変えていきます。


一緒に戦った相手とは、
切っても切れない結びつきが生まれます。
2014年、山羊座の人は生活の随所に、
そうした結びつきを生み出すことができます。
貴方があくまで貴方の力で実現した「勝利」が、
予想よりもずっと多くの人に力を与え、動かしていくのを見るとき、
貴方はまさに勝利したその瞬間よりもずっと大きな喜びを、
深く感じることになるだろうと思います。

| 感じたままに | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/233-ca6e0973

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。