観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分への信頼

1012869_10152070240650345_241457809_n.jpg

ヴィパッサナーセンターから戻ってすぐにうけた
オーラソーマのコンサルテーション。
瞑想あけの自分の光に会いたくてひろこさんとこに向かったんだ。
※リンクのサイトはBGMがついています、あける際は注意してくださいね。


あれから1月半ほど。

まずは「ゲッセマネの園」オリーブグリーンとのワーク。

信頼を試す。

「私には自分自身が課した制限以外には限界はありません」

2月は、自分の決断やチャレンジに不安を抱いたり、
自分を疑いそうになったり、

いや本当に「自分への信頼を試す」ことがたくさんあったんだ。

例えばそんひとつ。

「慈慈の邸」でのリトリート。

1日を終えて、お風呂でぼんやりしてるとき、ふと、

「申込みがくるかなー、人が集まらないで中止になったりして。
 うーん、ヤダな」

なんてことを無意識に考えてたりする。

で、はっとそれに気づき、
そういうネガティブな想像はしないようにしよう、と、
払いのけようとするんだけど、

不安や自分への疑念をないものにしようとしてもダメ。

まずは、そういう不安を抱いてる自分を、丸ごと受け入れてあげる。

そこから、自分への信頼に切り替えていかないと、
結局、不安な感情を押しやって仕舞い込むだけで変容は起きてこない。

そんなとき、毎朝、このボトルとの関わりを続けることで、
自分を信頼する力を産み出して来れた。

むしろ、ダメでもいいじゃん、と、それを受け入れられた。

もし人が集まらなかったら、それはそれ。その時考えよう。

私はただ、開催に向けて意識を集中して、
文献を読んで飼料をつくり、、学びと実践を重ねてけばいい。

その結果、起こることは必ず起こる。


ちょうど、アドラー心理学の本の中に、
「信用」と「信頼」の違いが描いてあったんだ。

信用とは、条件付きで信じること。
クレジット、何かの担保がありそれをもとに信じること。

信頼とは、いっさいの条件付けなく信じること。
見返りや根拠がなくとも、ただただ信じること。


うーん、そうだよねー、と。

だからさ、自分を信頼するってことは、
あるがままの自分を、ただただ信じることなんだよね。

努力してるから、という行為を担保にするんじゃなく、

努力したものが蓄積された自分自身を、あるがままに、ただ信じる。

そしてそれを妨げるものは、自分が自分に課してる、
未知なるものへの不安という制限だけなんだ。

そんな風に思えてきてる。

1393017_10152070240725345_1096292045_n.jpg

さぁ、昨日の夜、オリーブクリーンのボトルが終わった。

今朝からは、「新しい時代の平和」

平和で友好的な対話。
私が平和であればあるほど、ますます多くの光を与えられます。

このボトルは私の天賦のクリエイティビティ、創造性をサポートするって
ひろこさん言ってたな。


このボトルに入った今日から、
久しぶりのファスティングスタート。

このところ、いろいろ取り入れすぎてて重たいの。
(米粉のお菓子作りすぎでしょ、反省・・・)

食いしん坊の私ですが、食べない良さも重々承知。
食べないって素晴らしい行為なんだよ、本当に。

心と体の浄化をすすめながら、内なる対話を平和にします。
少しWEBからも離れて、食と情報を一緒に断食しちゃおう。

Om Shanti.

| YOGA | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/282-08146caf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。