観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジェルのこと

10003199_10152106632565345_2885004373307962940_n.jpg

おととい、朝の座禅をしてるときね。
ふと、でもはっきりとした声が聞こえたんだ。


・・・自由になった・・・


あれは、ジェルの声でした。
あまりにクリアだったから、声をあげそうになるほど。

でもね、その後、私の心はすーっと落ち着いていった。

ジェルが家出してからそろそろ10日。

毎朝、目が覚めるとジェルのトイレを確認し、
縁側に置いておいたゴハンを確認し。

ふと吸い寄せられる部屋の隅っこにジェルの気配を見いだせないか。
いまだに、しょっちゅう棚の下とか覗きこんじゃうし。

手放そうとしてるんだけど、
全然、手放せない、のよ・・・。


ジェルは今ごろ何してるんだろう。
大雨の夜。
寒い朝。

どこで丸くなってるんだろう。
どこで暖をとってるんだろう。

お腹空いてるだろうな。
何食べてるかな。

昔、モモが家出したとき胃から石ころがでてきたことあったな。

ジェル、ケガとかしてないかな・・・。

もうね、想像はいくらでも、どこへでもいくわけ。

しかもかなりの確率で、ネガティブな。


だけどさ、ジェルの声を聴いたとき、

私の視界はサーっと開けて、
ジェルが野山を自由に歩いてる姿を感じ取れた。


そっか。


あの子はね、18年ほど前、父がくも膜下で倒れて生死をさまよったとき、
初代のモモが急死してね。

お父さんの身代わりになって逝った子が恋しく、
また家が暗くなってしまったことが辛く。

私は猫に会いたくてペットショップめぐりばかりしてたの。

そのとき、あの子を見つけたんだ。
そして、我が家に天使が、エンジェルが来るように、という想いで、
両親にプレゼントしたのが、

ジェル。

だからさ、私は生みの親みたいなもんなの。

でもね、今ならわかるの。

ペットショップで売られてたってことは、
相当な悪環境の中で生まれ育ってる可能性があること。
実際、赤ちゃんの頃は本当に病弱で世話が大変だったんだ。

そして、それから18年、ずっとマンションの中で暮らしてた。

もしかしたら、ジェルもにゃんだみたいに、
自由に外を歩きたかったんじゃないか。
風を感じたかったんじゃないか。
草の匂いの中を駆け回りたかったんじゃないか。

それから、こう思った。

ジェルはいま、肉体から離れて、より自由な存在になったのかもしれない。

このイメージは私の中にすっと落ちてきた。

お母さんのところにいったのかな。

そして、お父さんが来るのを、向こうで待ってるのかな。

だって天使だもんね。
導こうとしてるのかも。

そんなストーリーが、私の中で流れて、それもまたしっくりきた。

そして、
はるーた、もう私の事はあんまり気にしないでいいよ、って
言いに来てくれたような気もした。


家に戻り、カズにこの話をしたら、
「あいつは自分の意志で出て行ったんだからな」って。

うーん。

エゴのない動物たちの行動。
それは、本当に正直な、自由な意思でしかない。

そうね、そうね。


今日、町内に貼った張り紙を剥がしてきた。

でもまだトイレとお皿は片付けられない。

私にも時間が必要なんだ。
少しずつね。

ジェルがね、いま幸せであるといいな、と、それだけを想う。

Om Shanti.


| 感じたままに | 00:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ごめんなさい。
私は読んでて泣いてしまいました。

ちょうど、ハルさんにメールしたタイミングで、このお気持ちをアップされてて…

読みながら…
私も、貼っていた張り紙をはがされた町の中に居ました。

行った事ないのに。

ジェルとお父様、つながっているんですね。きっと。

ハルさん…
ゴハンお片付けするの、もう少し先でいいですよ。
( ⌒ ⌒ )

あんまり良い言葉を遅れなくて、すみません。m(_ _)m

| | 2014/04/10 00:56 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

いつもありがとう(^^)

片付けるの後でいい、そう言ってもらえるだけで、
私も許されてる気持ちになる。

そうなの、私には見えてない、両親とジェルの暮らしがあったんだよな、
その絆というか、繋がりがあったんだよなって思う。

だから、私も少しずつ気持ちを緩めて受け入れていこうと思ってるところ。

ありがとう。

| はる | 2014/04/10 07:10 | URL |














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/310-486c599e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。