観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

農を通して感じる大切なこと

10517993_10152293350995345_2333531951373062342_n.jpg
小雨降るなか、参加してくれたみんなが、
約900本の苗たちをひろい大地へ植えてくれました。

10464102_10152293351285345_2578887985557869591_n.jpg
今年も発芽率ほぼ100%。
苗の生育もちょうどよく、定植後すぐにすっと自立し、
天に向う伸びやかなエネルギーを放ってましたよ。

私はというと、みんなを畑に送り、
少ししたら家に戻りランチの準備をしてました。
3時間後、またみんなを迎えに畑に戻ると、

さっきとはあきらかに表情の違うみんながそこにいるのです。

なんというか・・・。

ヨガを終えたときのみんなの顔に近い。
いや、同じって言ってもいいくらい。

顔がほのかに赤みを帯びて、全体からすっと透明感が出て、
なんとも優しい顔つきになって、そして少し気怠さもある。

10441930_10152293351775345_7493044037903004412_n.jpg
農作業ってさ、体を使って心を一点に集中させ、
目の前にある土や植物や虫たちと対話する中で、
自ずと自分の内なる声に耳を傾けてく作業になるからね。

それってまさにヨガであり瞑想であり。

それを終えた後のひとの存在感は、同じであってあたりまえか。

今回、カズがだいずのいのちは動く瞑想だって言ってたけど、本当にそう。

10440911_10152293351535345_1224408568866568015_n.jpg
カズがいちばん大切にしたいのは、
農を通して、それぞれが何か大切な本質的なエッセンスに触れ、
それを感じとって、それぞれのやり方で、その体験を生かしてもらうこと。

実際さ、1日を共にした仲間と分かち合う最後のシェアリングでは、
ヨガのWSの最後のときと同じことが起きてるんだ。

みんなが、内に沸き上がったことを素直に言葉にのせて語ってくれる。
それをただ静かに傾聴する仲間たち。

「だいずのいのち」本当にいい場が育まれてます。

カズも私も、そんなみんなの姿を見ていられることに、深い喜びを感じてて、
みんなを送り出した後は、ビールで乾杯しながら、
あぁ今日はいい1日だった、みんなステキだね、を連呼してます。

この日参加してくれたみんな、心からありがとう!

「だいずのいのち」の詳細は「おだやか家」のブログを見てくださいね。

「おだやか家」のブログはこちら

Om Shanti.


| 相模湖の暮らし | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/367-ffdb3f73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。