観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

探求の入口


2013年元旦、
部屋から撮った初日の出です。


昨日はYTT(クリパルヨガ教師トレーニング)のPT2、
プラクティスティーチの2回目。

今回もファシリテーターとして参加させていただきました。


みんなの緊張感が伝わる朝、祈りのマントラを唱えた。

その響きの中、あー、光栄だな、と感じた。
この場にいられることが、とても光栄だと。
そして、誇りに近いものすら感じた。

アメリカのセンターで感じた、クリパルヨガのルーツ。

その根っこから大きく成長した幹、そこに広がる枝葉。
自分の居場所を発見した安堵感と興奮、今でも思い出すわ。

そしてこのYTTは、あそこから始まったんだとはっきり認識できる。

そしてここにいるみんなもまた、その葉の1枚になっていくんだ、
と思うと、この場にいれることがとても光栄に思えたんだ。


45分間のティーチングから見えてくる自分のエッジ。

私らしさとは、素直さとは、正直であることとは、
恐れと向き合う勇気とは。

自分を過小評価する癖、
自分を何が別のものに作り上げている鎧、

いろんなことに気づいていくプロセスの真っただ中のみんな。

自分の内側に起きてることと正面から向き合う姿には
本当に心打たれる。そしてそこから得る学びが多く、
私自身にも変化が訪れる。

皆それぞれが、自分らしさ、私自身とは、自然体でそこに在る、
という在り方の探求を始めている。

ファシリテーションしている私が涙を流してしまいそうになる。

最後、トシさんが全体にかけてくれた言葉。

「僕たちは、自分の中で起きてることに、
 しっかりと、繋がる必要がある。

 それを十分体験したうえで、
 僕たちは教師として、生徒をそこに導けるんだ。」


この本質、教師としての役割をもう一度確認しなおそう。
YTTは、アシスタントにとっても深い学びの場です。

今日で、パート1を終えたみんな。
いま、どんな気持ちで夜を迎えてるだろう。

クリスマスも、大みそかも、お正月も、全部をこのYTTに
費やしたんだもん。

どうぞ可能な限り、ゆっくりと心身を休めてほしいです。

私たちは、サポートします。
そばにいます。

Om Shanti.

| YTT クリパルヨガ教師トレーニング | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/39-3b9ab963

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。