観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高千穂神社の夜神楽<高千穂ひとり旅③>



宿に入ってひと息ついてから、市街地へドライブ。

町をひととおり散策してから、
高千穂神社で毎夜開かれる「夜神楽」へ。

こちらの神楽は、天照大神が岩戸にかくれたとき、
天鈿女命(あまのうずめ)が岩戸の前でおもしろおかしく、
艶っぽく踊ったものが始まりだそう。

説明によると、今でいうストリップだったとか(^^)

それを見ていた神々が大笑い。

外が気になった天照大神は岩戸をちょっと開け、
それを天手力男神(あめのたぢからお)がこじ開けたと言われています。

舞台には、彫り物(えりもの)と呼ばれる紙細工が天井からぶら下げられ、
二間四方(8畳ほどのスペース)を仕切っています。

これを神庭(こうにわ)と呼び、その中で奉仕者(ほしゃどん)たちが、
優美に豪快に、そしてユーモラスに神楽を舞います。





実は、最後の御神躰(ごしんたい)の舞が本当に面白かったんだけど、
携帯のバッテリーが切れて写真なし、です。

イザナギ、イザナミのおふたりが、仲睦まじく登場し、
ふたりで酒をつくり、互いに飲ませないながらほろ酔いに。

キスして抱き合って、あらあら、そのまま愛し合うという、
なんとも夫婦円満な舞なのです。

後半、ほしゃどんたちは舞台を降りて客席へ。

イザナギが浮気をしイザナミがヤキモチをやき、
かと思えば、今後はイザナミが浮気をし、イザナギがやきもちを焼く。

もう、みんな大笑い。
神々の人間らしさ、大らかな性、ユーモアたっぷり。
伝統芸能って、ベタだけどおもしろいね(^^)

この高千穂神社の夜神楽は、観光用に毎晩演じられているようです。

実際は、11月末から翌2月ごろまで、
それぞれの村の個人宅にこの神庭をつくり、ほしゃどんたちが夜通し踊り、
収穫への感謝と翌年の豊穣を祈願するものだそうです。

Om Shanti.


| 聖地巡礼 | 10:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/412-712a97e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。