観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋元神社・二上神社<高千穂ひとり旅④>


秋元神社
<西臼杵郡高千穂町大字向山6781>

高千穂2日目。

お世話になった宿のご主人が、朝から案内してくれた最初の神社。

高千穂から小一時間。
山の中の集落を抜けて、日本の原風景、といった景色を眺めながら
たどり着いたのが、ここ、秋元神社。

その間、ご主人の話に笑いっぱなしで、あっという間でした。



こちらには、

国常立命
 くにとこたちのみこと

国狭槌命
 くにさつちのみこと

豊斟淳命
 とよくみぬしのみこと

といった神々が祀られているとのこと。



この 「 秋元神社 」 、実は、鳥居も拝殿も東北の方位、
つまり鬼門を向いているそう。

これはあまり見られない特殊な仕掛けで興味深い神社 のようです。

この拝殿から鬼門方面に何があるかというと、まさに日本列島そのもの。
国造りの神々が、日本列島を見渡している、ということらしいです。

私は神々についてあまり詳しくないのでよくわかりませんが、
きっと深い意味があるんでしょうね。

拝殿の右手には 「 御神木 」
拝殿の左手に 「 御神水 」

そしてこの御神水がすばらしく、水場の周りの気のよさったら・・・。
光が違うよね。

あぁ、呼吸はどんどん深まって、気持ちもおだやかに、本当に気持ちがいい。

ご主人に言われた通り、ストーンのブレスを10分もつけていたら、
まっさら透明になったのには本当に驚きました。

そして、「おだやか家」と「おだやかファーム」の四方に水を撒くように、
と言われ水を汲んで帰ってきました。

ここを知る方々は普段の飲食、炊飯にこの水を使っているようです。
この日も熊本から水汲みにいらしてる方とお話ししました。



そしてこちらが裏手の岩場にあく深い洞窟。

実はここが天岩戸か、なんて話もあるようですが・・・。

いずれにせよ、古くから修験の場として、
山伏が修業したと言われる洞窟のようです。





そして、次に向かったのは二上神社
<西臼杵郡高千穂町押方押方2375-1>

実は、今回たくさんの神社に足を運んだ中で、いちばん私の気に合った、
気に入った場はこちらでした。

遠くからみると重なり合ってひとつの山に見えますが、
角度を変えると、男岳・女岳とふたつの峰が見える二上山。

日本書紀にあるとおり、瓊々杵尊(ににぎのみこと)が天孫降臨(てんそんこうりん)した神山として知られる二上山の中腹にある神社です。



こちらには

伊弉諾命
 いざなぎのみこと

伊弉冊命
 いざなみのみこと

が仲良く祀られているそう。

心から夫婦円満を祈願しました。 



そしてこちらが御神木。

見えますかね、男根と女性器がしっかりとそこに。
そしてこの御神木、触れるとほんのりと温かい。
本当に美しい木でした。

こちらの場、気の軽やかさは他では感じたことのないもので、
100段を超える階段も、一段飛ばして軽々と上れてしまって自分でもびっくり。

こちらには、今すぐにでもお礼参りに伺いたいくらい!
大好きな神社です。

Om Shanti.


| 聖地巡礼 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/413-777e4cbf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。