観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カラーセラピー・ヴィジョンスパイラル

11016656_10152792736600345_1168229928_n.jpg
カラーセラピー。

カラーボトルって、見てるだけでなんともときめく存在。
昨日は友達の紹介で2時間ほどのセッションをモニターとして受けてきました。

オーラソーマとは違い、ボトルはシンプルな単色カラーの14本。

テーマにそって、数本ずつ選んでいきます。
というか、実際のところ、「ボトルに選ばれる」という感覚は
オーラソーマと全く同じ。

目を閉じ落ち着いてきたところで、ふと目をあげると、
一列に並んでいるボトルの中から、

少し前に出てきてるような、
きらんと光るような、
にこっと微笑まれるような、
隅っこからすごく主張されているような・・・。

いろんなフィーリングがあるんだけど、
間違いなくボトルが呼んでくれるから、私はただそれに素直に
したがって手を伸ばすだけ。

11007535_10152792736590345_1280084604_n.jpg

自分の本質的な性質、
対人関係でのパターン、
そして思い描く理想像。

あぁ、ドンピシャ。

本質的な性質を理解して、それを表現できている部分、
反対に、恐れから避けてる部分が浮き彫りにされて、妙に納得。

対人関係では、私が大切にしてるものに反してる人に対して嫌悪を抱く、
という典型的なパターンも見えて苦笑いです。

でも、嫌いなものは嫌いなんだもん。

以前は、そうはいっても嫌っちゃいけないと思って、好きなふりしてたこと
があって、それが後から後から自分を苦しめてしまってね。

あの人嫌い、って言っちゃったほうが、
ある意味健全だわ、と思う今日この頃。

11016664_10152792736610345_911453781_n.jpg

ボトルからのメッセージを受け取りながら過去のパターンを意識化したり、
Q&Aのダイアログで、価値観、プライオリティを明確にしてもらったり、
そして、ヴィジョンスパイラルというセッションでは、これから先の未来を
クリアにイメージングしていきました。


その中に、

これまでの10年間、私がクリパルヨガの学びの中で体験してきた、
たくさんの変容のきっかけとなるキーワードがわらわらと現れてきました。

懐かしいものもあれば、今だお馴染みのものも。
それをざっと俯瞰し、とても客観的に再会できた気がします。

その中で、ひとつ大きく新しい気づき、
とてもすごく印象的だったこと。

それは、「これまであなたが育ててきたものは何か?」という問いに対して
私は間髪入れずに「自分」と答えてました。

そのダイアログを振り返ったとき、ふとキャッチした思いは、

私は私の母であり、またその子である、ということ。

母が子を産み育てるように、
また、子が母を育てていくように、

私は、私自身によって産み出され、育てられているんだ、と。

そう思ったとき私は、
やっぱりすべては自分の中にあるんだ、と強く感じたの。

私がいつまでも手放せない、出産や子育てへの憧れや欲望すら、
実はすでに内側の世界でなされている事なんだ、と。

あは、達成してるじゃん、って(笑)


あぁ、自己探求ってなんでこんなに可能性に満ちてるんだろう。

気づいた途端、そこにはふわりとスペースが生まれ、
また悠々と泳ぎまわれる世界が広がる。


今回のカラーセラピー、シンプルゆえにとても深く自分と対話できました。

色って不思議なもので、自分を照らす光そのもの。
時に、映し出す鏡そのもの。
色を通して、自分という存在の貴重さに気づかせてもらいました。

真理子さんの落ち着いた存在感と、見守ってくれる優しさ、
サポートしてくれる言葉があって、こんなに深く中と繋がれました。

ちなみに、私のヴィジョンについては、こちらに書きました
真理子さん、本当に感謝しています。ありがとう!

真理子さんのHPはこちら。
ECRU Style&Colors 〜Mariko Seki〜
URL : http://mariko-seki.petit.cc/

カラーセラピーについて


今の自分を見直すきっかけになると思います。
必要かもってピンときたら気軽にコンタクトとってみてくださいね。

E-MAIL : marikokubo8@gmail.com



Om Shanti.

| 感じたままに | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/434-81303f99

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。