観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

関係性が見えてくるパートナーヨガ


昨日は今年最初のYoga Kutir『涼亭』、
ふたり一組で体を動かすパートナーヨガでした。

ふたりで一緒にポーズをとることで、
体がいつもより安定するとか開くという表面的な効果はもちろんですが、

このパートナーヨガの醍醐味はやはり、
「健全なパートナーシップを築くうえで大事なことが見えてくる」、ということ。



相手に触れるとき、相手に触れられたとき、何を感じる?

寄り掛かること、寄り掛かられることに何を感じる?

体重を乗せることへの抵抗、乗せたときの安心感、解放感。

あぁ人って暖かい。人って柔らかい、人って愛おしい。



相手を気持ちよくさせたい気持ちが強くて、
あれ?私はちょっと無理しちゃってるかも・・・。

そして、そこが気持ちいい、ううん、そこはあんまり気持ちよくない、
それを正直に伝えられてる?

伝えることに、なぜ抵抗を感じるんだろう?

その前に、あれ?どこが気持ちがいいのか、
自分でもイマイチ気づけない・・・。



ひとりでヨガをしてる時よりも、
場合によってはビビットにいろんな気づきをくれるパートナーヨガ。

私自身、パートナーシップに大切なことは「自分の本当に気持ちに
気づき、それを正直に伝えあい、気を使いすぎず、取り越し苦労を
しないように、あっけらかんと素直に言葉にしてみること」

って思ってます。

言ってみたら、あら案外簡単なことだったとか。よくあるよね。

それと、自分を犠牲にしない、ということかな。

ポーズの中でも、相手の腰に自分の足をはめて腰を伸ばしてあげる
ものがあるんだけど、自分の体勢が不安定で心地よくないまま、
相手をサポートしてても、意味ないのね。

実は相手もイマイチだったりして。

だから、ふたりがちょうどよく気持ちい場所を探り合う。
それはただ素直に、言葉で言い合うのがいちばんでしょ。
言わなくてもわかるってナシよね。

私も、そうとうな頑張り屋だし、かなりの完璧主義なので、
それを緩めていくには本当に時間がかかりました。

もともとの性質がそうであって、それは決して悪いことじゃない。
でも場合によっては、自他を苦しめるほど過剰になることがあるってだけ。

相手を喜ばせたい一心で自分を犠牲にしてちゃ、意味ないよね。

そして、何かを正直に伝えることで嫌われちゃう、捨てられちゃう、
という恐れから、自己犠牲の中で愛を表現してた時期もたっぷりあります。

今は、かなり解放されて、はっきりいろいろ言えるようになってきたよ。

そのとき、ふたりの中に流れる淀みない信頼感がとても気持ちイイです。

ということで、パートナーヨガからいただく恩恵も無尽蔵。

昨日はそのあたりを味わいながら、皆さんにこやかに過ごしてくれて
本当に嬉しかったです。

参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

ただ個人的には、寝不足、生理前、準備不足、朝の大渋滞、といろんな
コンディションがいまいちでした。

そのあたりはちゃんと省みて、次にいかなさいとな、と思ってます。



次回、Yoga Kutir『涼亭』は、4月14日(火)クリパルヨガ+ランチ+お不動様のお護摩と、フルコースになってます!

Om Shanti.


| YOGA | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/443-e2b0d14f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。