観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『108回太陽礼拝』を終えて

PICT0184.jpg
1月6日、108回太陽礼拝、やってきました。

参加してくださった皆さん、本当にお疲れ様でした、
そして、心から、どうもありがとう。

私たちは、とても素晴らしい光景を目撃させてもらったと、
思っています。

PICT0186.jpg
残りあと数セット、というときのみんなの表情、
私の目にしっかり焼きついてます。

表情をかえず、集中して淡々と行うひと、

涙を流しながら行うひと、

口元をほころばせ、喜びの中で行うひと、

天を仰ぐように、なにか高い次元とつながるように行うひと、

眉間にしわを寄せ、余す力を振り絞るように行うひと。

本当にさまざまで、そのすべてが、それぞれにとって
必要なことが起こっている瞬間であって、

それを私たちは、ただ見守らせてもらっているだけ。

私たちのリードの声が励みになるかもしれないし、もしかしたら、
遠くにかすかに聞こえるBGMのような存在かもしれない。

それはわからない。

ただ、私たちは私たちで、その瞬間を感じ取り、
奥深くから湧き上がる言葉を、音にして紡いでいただけ。


途中、すごく印象的な時間があった。

みつのリードで、プラタパーナ(ウォームアップ)を交えながら、
じっくり心身をほぐしたあと。

ふみちゃんのリードで土台を安定させ、意識を中に向けていった。

そして私のリードでペースを高めて、深く集中していくあたり。

それまで、みんなの呼吸は大きく長く、時に声を出し、
解放や浄化を求めていた。

でも、ある瞬間から、その音がすーと消えていき、
身体とマットが擦れあう音だけに集約されていった。

そこにあるのは、静寂。

凛としたエネルギーを感じ、もう私たちはアシストの手を出す必要
がなくなってきたことを感じた。

みんなが、それぞれの内なるプラーナ、エネルギーにのって、
それに導かれるように身体が動き始めた時だったと思う。

それはそれは、美しい光景でした。


クリパルは、アーサナを自己探求のツールとして捉えています。
つまり、アーサナをとることを目的とせず、
その中で起こること、そちらにフォーカスをします。

身体に湧き上がる感覚、それに伴って浮かび上がる記憶や感情。

それに、あまり捉われず、できれば心をリラックスしてただ観ていると、
感覚は変化し、感情は洗い流され。

さらに必要ならば、ふっとインスピレーションが降ってくるような、
気づきを得るような一瞬(とき)を感じます。

それこそ、私たちが、大いなる源の智慧に繋がった瞬間、
それに至るプロセスや、それをキャッチする感性に意味があります。

108回を終えたみんなには、明らかにそれが起きたよう。
皆、清々しい顔で、たくさんのシェアをしてくれました。

108回太陽礼拝。

年末年始のイベントとしてポピュラーだけど、もっと頻繁に開催を
希望する声をいただきましたよ!

機会があれば、ぜひトライしてみてください。
私たちも、よりブラッシュアップして、共に過ごしたいと思ってます。

あと、最後に、この日、私たちは時間を30分近くも延長させてしまい
ました。それにより、最後までいれなかった方もいて、本当に心苦しく
思っています。

この場を借りて、改めてお詫びします。

Om Shanti.

<おまけ>
一緒にリードした、みつ(一色光代)のblogです。
私も読んで心に響いたので、リンクします。

mitsuyoga
- みつのヨガ教室 -
太陽礼拝108回


| YOGA | 01:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/45-c002a5e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。