観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おだやか家のお味噌づくり

545352_10151162707735345_1682488574_n.jpg
「おだやか家」のクッキングシェア、
お味噌作りワークショップお申込み受付中です!


ということで・・・

今日は大月にある麹屋さんに、2-3月の味噌作り用の仕込み量を
発注しにいってきました。

今年は、WSに参加してくださる皆さんの分と、我が家の分と、
合計で一斗(10升)の大豆を仕込むつもり。

さぁ皆さん、一斗=10升=? 
何キロの大豆でしょう!?

なーんて、私もようやく基準となる分量を理解したばかりなんだけど(^^;)

一斗は、およそ13kgの大豆です。

それに12㎏の麹、6Kgの塩、それで約50㎏のお味噌が仕上がります。

今回は、麦麹と米麹、半分ずつ仕込むので、
麦味噌が25㎏、米味噌が25㎏、出来上がるってこと!

うーん、これは安心な量だわー。

ちなみに昔の日本人は、年間で、ひとり一俵の米(60㎏)と
一斗の味噌(50㎏)を食べたって言われてます。

それが多いのか、現代の私たちが少なすぎるのか?

放射能の問題もあり、発酵食の代表でもある味噌は、
今の時代、より欠かせない食材だと思うから。

しかも無添加・本醸造、本当に質のいいものを摂りいれていきたい。
そう思うと、やっぱり手作りしていくのがいちばんいい!

そんな想いから、私はお味噌作りワークショップを行うんです。


味噌も梅干しも、その他の保存・発酵食の伝統って、
私たちのおばあちゃんの代は、まだ普通にやってたんじゃないかな。

それが戦後の高度成長期に入り、私たちの母の代から、
そのあたり伝統がプツンと切れたような気がします。

私は、そのプツンと切れた糸を、私たちの代でまた結び付けたいと
思ってるんです。

ここにある伝統は、そのまま廃らせてはいけない!
すごーくそう思うんです。

興味わいたら、ぜひいらしてください。
ちょっと足を伸ばして相模湖まで来てください!
楽しい時間になると思いますよ

詳細はこちらをご覧くださいね。

Om Shanti.

| おすすめ | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yogakutir2013.blog.fc2.com/tb.php/60-a4b4fd98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。