観音ヨガ

~内なる観音を明らかに グラウディングしてスピリチュアルに生きるために〜

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

過食嘔吐の分かち合いの会

今朝の投稿に共感してくださった皆さん、
本当にありがとうございました。

皆さんからいただいた暖かいコメントに励まされました。
そしてシェアに感謝します。

さらに見ず知らずの方から候補となる会場情報まで多数いただきました。
本当に本当にありがとうございます。

先ほど、FBイベントページを2つ立ち上げましたので、思い切って行ってみようか、と思われた方はどうぞご覧ください。

当日は美味しいランチをいただきながら、明るく楽しく過食嘔吐について語りましょう(^^)

お日様にあててあげましょうよ、過食嘔吐を。
だって恥ずかしいことでもなければ、隠さなきゃいけないことじゃないんですから!

私は心からそう思っています。

また、この投稿をシェアしてくださるならとても嬉しいです。

もしかしたらお近くに過食嘔吐で悩まれている方がいるかもしれません。私もそうでしたが、隠れるのが本当に上手なんです(^^;)

7月は以下の日程で開催いたします。
なお、8月以降も定期的に開催していきます。参加希望の方は、希望曜日などお気軽に連絡ください。日程の決定の参考にさせていただきます。

7月4日(土)11:30-14:30
https://www.facebook.com/events/1456977404620051/

7月5日(日)11:30-14:30
https://www.facebook.com/events/1648875452048655/

勇気をもって、本気で過食嘔吐をやめたいと感じている方、集いましょう。

あなたはひとりじゃないです。
私はあなたの中にある光を信じています。

はる

| 過食嘔吐をやめられたわけ | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<分かちあいの会>私が過食嘔吐をやめられたわけ



<私が過食嘔吐をやめられたわけ>

写真は昨年、青森の森のイスキアへ、佐藤初女さんを訪ねたときのもの。

今朝、私の中から決意が湧き上がってきました。

本当に急ですが、

7月4日(土)、5日(日)
「私が過食嘔吐をやめられたわけ」

を分かち合う会を開きます。

私は、
15歳のころ、父からの暴力、学校での先輩からのいじめ、
性的暴行などがきっかけで過食嘔吐をはじめました。

改善と悪化を繰り返しながらも、それはなんと20年以上も続きました。

つまり、

私の人生前半は、誰にも明かすことなく、隠れて過食嘔吐を繰り返すことにかなりの時間とお金を費やし、心と体を消耗させることになったんです。

30歳を越えたあたりから、心と体の分離感がハンパなくなり精神的なバランスを保つのが難しくなりました。

そのころ離婚しました。

ひとりになったことでアルコール依存がますます悪化、過食嘔吐や不定愁訴のピークを体験していたころ、今のパートナーであるカズと出会ったんです。

そこから、これまで経験したことのない、自分と向き合うという時間がはじまります。

ヨガや瞑想を通して、奥底に重く沈殿していた私自身との出会い。
衝撃的な記憶との再会、自分を知るというプロセスで得た気づきの数々。

好転反応のような激しい揺り戻しで、それはそれはカオス!カズとの暮らしは修羅場のような日もたくさんありましたσ(^_^;)

クリパルヨガとマクロビオティックとの出会い。

過去の中でしか生きてなかった私。トラウマを追体験しながらフラッシュバックに苦しみどうしていいかわからなかった日々。

呼吸と繋がり今という時間を体験したこと、

その時間を知ったこと、

緊張だらけの自分を知り、力を抜くことを覚え、自分らしさを取り戻し自然体で過ごす。

そんなことを意識しながら毎日を丁寧に過ごしはじめた結果、
7~8年かかりながらも、過食嘔吐の習慣はなくなりました。

今の暮らしはご存知のとおり。

自分の経験から私はわかります。

過食嘔吐は誰にも明かせない。罪悪感の塊。
自分は汚らしく恥ずかしい存在、自分を愛するなんて無理、最低の私。
そんなふうに感じながら、毎日毎日過食嘔吐を繰り返してるあなた。

過食嘔吐はたんなる症状。
風邪引いて熱が出た、と同じこと。

誰にも責められることじゃないです。

だから熱を解熱剤でさっと下げようとせず、つまり、過食嘔吐を治そうとせず、その根っこの原因、風邪をひいたこと、免疫力がさがったことに対応してあげたほうがいいのです。

過食嘔吐歴25年、そしてそれを完全に克服して自分らしく生きることができるようになった私から、

今、まさに過食嘔吐の波にのまれ、でも本気でそこから脱したいと感じてるかたへ、

お話できることがあると思っています。

また私は激しいPMS(月経前症候群)に苦しんでいました。

生理前、過食嘔吐は悪化する傾向にありました。

私としては、PMSの改善と過食嘔吐の克服は、同じライン上にあるもの。

生理前の不調に悩む方も同じく私からお話できることがあると思っています。

いつかやりたいと思いながらも、私なりに勇気がわかず先延ばしにしていましたが、

今朝ヨガをしていたら、

はじめなさい

という声が聞こえたのです。

この心の勢いを尊重したくて、まずは4、5日の両日、場所は都内、これから場所を探します!見つかると信じてるので!

時間は午後、3時間ほどを予定しています。

参加費は幸せ価格の4,800縁♡

安心な空間をお約束します。勇気をもって、本気で過食嘔吐をやめたいと感じている方、集いましょう。

あなたはひとりじゃないです。

詳細決まったらまたアップいたします。

ご興味あるかたは気軽にメッセージください。

私はあなたの中にある光を信じています。

はる


| 過食嘔吐をやめられたわけ | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『月のまなびや』

IMG_434020130107.jpg

<お申込みを締めきりました>


PMS改善サークル
 『月のまなびや』
  ムーンタイム(月経)を快適に過ごすために・・・


相模湖にPMSに悩む女性たちが集い語り瞑想する空間、
ムーンロッジ「月のまなびや」がオープンします。

 ※興味のある方は、オープンへの想い「はじめに」をお読みください。


物心ついたときからずっと一緒だった生理。

時に機嫌を損ね、来たり来なかったり。

来たかと思うと、余計なお土産抱えてくる。
それは、私たちを最高に不快な気分にさせる・・・。

PMS。

PMSに悩むすべての女性たちへ。


2013年 第1期
<スケジュール>
 2月~7月 第2土曜日(全6回) 
   2/9, 3/9, 4/13, 5/11, 6/8, 7/13

 時間 13:00-16:30
   ※前後、お時間の余裕をもってご参加ください。


<ご案内>
■場所
 Yoga Kutir『和』

  JR中央本線 相模湖駅 徒歩8分(相模原市緑区与瀬)
  ※ご予約後、詳細をお伝えします。
  ※駐車スペース有

■受講料
 全6回 31,500円

 (税込、テキスト代、試飲試食、サンプルプレゼント、
  毎回マクロビ菓子&ノンカフェインドリンク付)

■定員 8名


<なにをするの?>
 月に一度、私たちはムーンロッジ『月のまなびや』に集まります。
 そして、月経と、自分自身について、よく学んでいきます。

 まずは自分のPMSを自覚し、把握することから始めましょう。
 そのために、日々の記録を残すことを提案します。

 これが後々本当に役に立つ、そして面白い(!)自分だけの
 ”まなびやカレンダー”です。

 そこで見えてくるのは、
 月経はひとそれぞれ、PMSもひとそれぞれ。
 誰かと同じということは、絶対にあり得ない、ということ。

 でもね、面白いほど共感する部分もあるはず。

 だから、私たちは自分の体験を語ること、そして仲間の経験を聴く
 ことで、それぞれのアイディアを共有し、共に学びあっていくこと
 ができます。
 
 同時に、PMSの主な原因と思われることをテーマを詳しく学んでい
 きましょう。

 何が、どのように私たち女性の身体に影響を与え、
 なぜ私たちは月経周期と共に、あんなにも”不快な症状”を発症して
 しまうんでしょうか?

 その学びを暮らしに持ち帰り「実験」します!
 
 自分の生活に落とし込み、心身の変化を見ていきます。

 とはいえ・・・、
 頭でわかっていてもできないことってありますね。

 私もそうでした。
 長い間、試行錯誤、行ったり来たりの右往左往。

 そんな私からは、時間をかけて生活に馴染ませてきた方法や、
 取り入れやすいコツをシェアさせていただきます。

 そして、PMS改善に役立つと思われるものを実際に試飲試食し、
 お土産に持って帰ってもらって、その日から、「実験」できる
 ようにサポートします。

 心身に優しいゆる~いマクロビ菓子とお茶をお供に、仲間との
 学びと語りの場。必要と思われるヨガ、瞑想の提案も行います。


<「月のまなびや」は6ヵ月>
 PMSの症状は実にさまざまで150以上あるといわれています。
 同じように、PMSの原因もさまざまです。

 それは複雑に絡み合った糸のよう。

 その絡み合った糸の端っこを見つけ、丁寧にほぐして抜いていく
 にはそれなりの時間がかかります。

 だから私たちは、半年という時間をかけていきたいと思います。

 PMSとは、日々私たちが心身に取りいれたものが月経という女性
 の聖なる浄化のプロセスにのって一緒に排出されるもの。

 だから、日々を意識的(マインドフルネス)に生きることが、
 月経の質を変えていきます。

 継続的に自分の月経と関わり、自分自身と向き合う事がとても
 大切になります。

<講座の内容> 
 以下の内容に即したレクチャー、体験や実践方法の共有、試飲試食
 などを行います。

 ・月経を知る
 ・PMSを自覚しよう
 ・PMSまなびや日記を書こう
 ・食生活を変えるということ、
 ・自然食が私たちにもたらすもの
 ・No 白砂糖, No アルコール,
  No カフェイン, No Life!?
 ・肝臓を守ろう
 ・女性ホルモンの役割
 ・自律神経について
 ・睡眠について
 ・ストレスケア 適度な運動 リラクゼーション
  ヨガ、リストラティブヨガ、瞑想
 ・布ナプキンのすすめ
 ・パートナー、親しい人に助けを求めよう、
 ・NOと言える私になる
 ・などなど・・・
  (※進行の関係で若干の変更がある場合がございます、  
    あらかじめご了承ください)


■受講についてのお願いとご注意
 ・この講座は、皆さんの積極的な受講が全体を進行させます。
  そのため、全6回のうち5回以上の出席をお願いします。
 
 ・また、実際に暮らしの中で実践していくことが重要となります。
  どうぞ積極的に、そのプログラムに関わっていただくようお願
  いします。
 
 ・このプログラムは疾病の完治を保障するものではありません。
  また、ある特定の食事法を指導するものでもありません。



■お申込み方法
 以下を記入の上、yogakutir@live.jp へメールをお送りください。

  ・住所
  ・氏名
  ・連絡先(電話番号・携帯番号・メールアドレス)
  ・PMSの症状や状態、このプログラムを知った時の想い、
   このプログラムへ何を期待するかなど、100~500文字以内
   程度でご記入ください。   

 その後、予約確認メールを返信いたします。


■お支払について
 お申込み受理から1週間以内にお振込みをお願いします。
 ※分割ご相談ください。


■キャンセルについて 
 大変恐縮ですが、以下の通りキャンセル料が発生いたします。
 どうぞご了承ください。
 
 開催日1週間前から  受講費の50%
 2日前~前日まで   受講費の80%
 当日          受講費の100%
 
 キャンセルの場合は必ずご連絡ください、よろしくお願いいたします。


■ご質問、お問い合わせ
 ご不明な点がありましたら、「ご予約・お問い合わせ」フォームから、
 気軽にご連絡ください。


*********************************


Om Shanti.

| 過食嘔吐をやめられたわけ | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はじめに: 『月のまなびや』

<はじめに>
皆さん、PMSという言葉は聞いたことがありますか?
『PMS(PreMenstrual Syndrome)月経前症候群』

私がはじめて知ったのは、今から7年ほど前(2005年ごろ)です。

当時の私は慢性的な体調不良、全身のだるさや、肩腰の痛みが
身体にまとわりつき、心も不安定で上がったり下がったり。

長年患っていた摂食障害(過食嘔吐)も激しくなるばかりでした。

ちょっとしたことにイライラして怒りっぽい私は、八つ当たりだと
わかっていながら、パートナーとの喧嘩が絶えなかったのです。

そんなある日、泣き叫ぶ私の手をつかんだ彼が急におでこを触って
「ねぇ、なんか、熱ない?」と聞いてきました。

え? 熱???

カッカと興奮していた私はなんのことやら。
でも、おとなしく熱を測ってみたら・・・。

38.5(!?)

え?38度5分??

高熱じゃない。
風邪とかじゃなく、この熱はいったいなんなの??

生理前の高温期。
健全なら、36.8~37℃ちょっとでしょうか。

当時の私は、ゆうに38℃を超えていました。

いやー、今思えば信じられないような話ですが、それほどまでに、
私は自分の身体の状態に”無意識”でした。

こんな高熱が出ていても、それに気づかないような私でした。
恥ずかしい話ですが、ヨガをしていてもこんなでした。

それから私は、PMSに関する本を読み始めました。
(といっても、当時はまだそんなに本はありませんでした)

インターネットで情報を集め、婦人科を訪ねたり、漢方を飲んだり、
ヨガで心を落ち着かせようと思うもののうまくいかず。

そして You are what you eat. の言葉通り、結局のところ、
PMSの症状の悪化は、食生活の影響が大きいという事に至りました。

それが、マクロビオティックをはじめ、動物性のものを一切とらない
ヴィーガン、またベジタリアンになっていったきっかけです。

飲みすぎていたアルコール、カフェイン、そしてタバコも減らして
いきました。(最終的には禁酒禁煙しました。)

その結果、たくさんの症状が軽減され、著しく改善したものの、
”完治” ”不快な症状まったくゼロ”なんてことにはならないのが、
PMSの奥深さ(^^;)

だからこそ、時間をかけて、食生活をはじめライフスタイル全般を、
見直していくことが大切だと思うのです。


同時に、私は毎月の生理、自分の月経に対する想いが変わったことで、
(以前は嫌悪感、今は愛おしさが増した感じです❤)
多少の症状はやりすごすことができるようになりました。

「だって生理前なんだもーーーん!」っていう感覚です。

実はこれ、すごく大切なことだと思います。


PMSの改善にむけて関わり続けた7年間。

今では、女性としての生理現象である月経をよく把握することで、
意識的に月経を迎え、以前とは比べ物にならないくらい心穏やかに
過ごせています。

もうパートナーに悪態をついたり、悲観的になったり、被害妄想や
罪悪感につぶされることもなくなりました。コントロールの効かな
い過食や、体重増加で凹むこともなくなりました。

身体のほうは、もちろん多少の胸の張りや腹痛、腰痛はあるものの、
それをケアする方法や、自分の身体を労わる方法を知ったことで、
おおむね快適に過ごせています。


改善のプロセスで、私はいつも思っていました。

PMSなんかで私の大切な時間を台無しにしてる場合じゃない!
PMSなんかに苦しめられるのはもう嫌だ!と。

生理の度に大切な人を傷つけてしまうこと、その後の自己嫌悪。
そんな一連の出来事に、うんざりしてたのです。

そして、本当の私はこんなんじゃない!

私はもっともっと健やかに軽やかに、月に一度の大切な聖なる
浄化のプロセスを味わいたい!と。


そして多くの女性が、私と同じように悩み苦しみ、どうしていい
かわからず、でも、どうにかしたいと願っているんじゃないかと。


PMSのことを調べているうちに、私は、ネイティブ・アメリカン
の伝統に、月経中の女性が集う”ムーンロッジ”というのがある
と知りました。

それは、月経を迎えた女性が日常生活から離れて集う場所の事で、
その中で瞑想したり、語り合ったり、のんびりと過ごすそうです。

月経中の女性は感受性が高いため、瞑想や夢からヴィジョンを受け
取りやすいとされ、そのヴィジョンを部族のリーダーが聴き、実行
に移したとも言われています。

それを読んだとき、

うわー、私もムーンロッジに入りたい、と思ったものです。

「聖なる生理休暇」

それってサイコー!って思っていました。


そして今、私は”ムーンロッジ”を作りたいと思っているのです。

相模湖にあるYoga Kutir『和』が、PMSの改善を心から願う女性の
ための聖なる休息所になるように。

そこは、自分の体験を本音で語れる安全な場。
それに静かに耳を傾けてくれる仲間の存在がある安心な空間。

そして女性としての学びを深め、自分自身を取り戻していける時間。


PMSがもたらす心と身体のネガティブな状態に、真摯に積極的に向き
合うことは、症状を改善させ心身を成長させることになります。

それは、自分自身と深く関わること、つまり私にとってヨガとまっ
たく同じプロセスなのです。

それは月経を通した自己探求。

今のありのままの自分を慈悲深く受け止めながら、真の自分自身に
戻っていくプロセス。

私たちはもっとセルフケアをすべきです。
自分をもっともっと、大切にすべきです。


だから私はムーンロッジ『月のなまびや』を始めようと思いました。


そして、もうひとつ。
私には夢があります。

それは、家庭の中から暴力をなくすこと

家庭という小さなユニットに平和が訪れることが、
きっと社会を平和にさせ、
世界を平和に導くと、信じてるのです。

家庭の平和に女性の心の安定は必要不可欠です。

女性の心の安定は社会を円満にするキーだと私は思っています。

ここに集うべき人に、この場の存在が知られますように。
本当に必要としている人のところに届きますように。

Om Shanti, shanti, shanti.

はる

| 過食嘔吐をやめられたわけ | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【予告】PMSの改善を心から願う女性の集い

photo_135.jpg
来年2月からYoga Kutir 『和』では、PMSに悩み苦しみ、
でも「どうにか改善させたいんだ!」と強く願う女性たちの
「集い」を始める予定です。

私がPMS改善に取り組み始めた2006年からの経験をすべてシェアしていこうと思う。

月に1回、相模湖の我が家に足を運んでもらい、自然の中に身を置きながら、
自分をよーく見つめてあげる時間にしたいと思っています。

訳も分からず、毎月訪れる生理に苦しめられ、
場合によっては、大切なパートナーや家族、そして身近な人にその辛さを
連鎖させてしまうような、そんな状況が健全なはずがないです。

ひと月のうち「体調がいい」と感じるのが1-2週間なんてしんどすぎる。
生理を意識的に、そして軽やかに迎え、終えていくことは、
私たちの生活の質をすごくすごく向上してくれます。

月経はもっともっと健やかなもの。
月経は辛く忌み嫌うものじゃない。
月経は私たち女性にとって、月に一度訪れる浄化と再生のとき。

そんなことを想いをながら、いま企画中の「集い」。

年内に詳細をアップしたいなー、という想いから、
こうして告知しちゃうことで自分のモチベーションもアップしながら。

ずっとずっと、私の中、奥深くで温めていたものが、
ようやく表に出ようとしている気がします。

自分の月経と親しくなりましょう、
そしてそれぞれが、気持ちよく花開いていけるように、
共にいきましょう。

Om Shanti.

| 過食嘔吐をやめられたわけ | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。